セカンドボールを拾う
Sponsored Link

セカンドボールを拾う

 

得点を取るためには、まずはシュートを打たなければなりません。しかしゴール前にはキーパーがいるため、シュートを打っても手を使って止められてしまいます。簡単にはゴールを決めることができません。

 

そこで大事になってくるのが、セカンドボールを拾うことです。セカンドボールとは、こぼれ球のことを言います。違う言葉だとルーズボールと言うこともあります。意味はどちらも同じで、どっちのチームが持っているのか、わからないボールのことを言います。

 

例えば、シュートを打ってキーパーが手で止めて弾いたボールもそうです。シュートは1回打っただけで、キレイにゴールが決まるほど、簡単ではありません。そこでキーパーが弾いたセカンドボールを、その他の選手が詰めて、もう1回シュートを狙うことが大事になってきます。ゴール前でのこぼれ球は、大きなチャンスになります。

 

シュートがもし1回で入らないのであれば、2回目、3回目と攻撃を続ければいいわけです。そうすることで、ゴールを決めれる可能性が高くなります。特に一度シュートを弾いたキーパーは、飛び込んで止めることが多いため、体勢を崩しています。早めにセカンドボールを拾えれば、キーパーが体勢を立て直す前に、再度シュートを打つことができます。

 

そのためキーパーも、シュートを弾く方向に気を配ります。せっかくシュートを止めても、弾いた先に相手選手がいたら、そのままゴールを決められてしまいます。そのため味方か誰もいないところへ、ボールを弾くようにしています。

 

得点王を取るくらい、ゴールをたくさん決めている選手でも、自分でゴール前までボールを持ち込んで、そのままシュートを決めているばかりではありません。味方が打ったシュートのセカンドボールを拾って、最後にゴールを決めることも多いのです。

 

セカンドボールを多く拾うには、予測とポジショニングが大事になってきます。ここにこぼれるかもしれないと予測することで、動き出しが変わってきます。実はシュートをたくさん決める選手ほど、このセカンドボールに対する予測とポジショニングが優れているのです。サッカーの中継で解説者もよくセカンドボールを拾うことが大事と言っていますが、そうすることで得点チャンスが広がるからです。

 

しかしセカンドボールは攻撃側だけでなく、守備側にとっても拾いたいボールです。なぜなら攻撃にとってチャンスということは、守備にとってはピッチを意味します。守備のときに、セカンドボールが拾えないとずっとピッチが続くことになります。

 

 

セカンドボールを拾って、クリアするなり、味方にパスをすることで、攻撃に転じることができます。どちらのチームにとっても簡単には渡せないのが、セカンドボールなのです。

 

セカンドボールはゴール前の攻防だけでなく、中盤でもあります。例えばゴールキックからのボールです。高く蹴ったボールは、中盤で相手と競り合った後に、セカンドボールを拾った方が攻撃に転じることができます。

 

または相手のディフェンダーが、遠くへクリアしたボールも同じです。中盤でヘディングの競り合いが行われ、そのこぼれ球を拾ったチームが攻撃することができます。中盤では球際に強くないといけないと言われますが、セカンドボールを拾うためには、相手に競り勝たなければいけないからです。

 

身長の低いボランチは、ボール奪取力に優れていますが、体の大きいボランチは、ボールの奪い合いに強いと言えます。バスケットだとリバウンドを取ることが大事だと言われますが、それはサッカーにも同じことが言えるのです。

 

Sponsored Link