センタリングとオーバーラップ
Sponsored Link

センタリングとオーバーラップ

 

サッカーでは、攻撃のときにサイドから攻めることがよくあります。中央は相手選手が多くいるため、人数が少ないサイドから攻めます。サイド突破でよくある得点パターンが、相手をドリブルで抜いて、ロングパスをゴール前にいる選手に送り、そのままシュートを打つことです。このサイドから中央へのロングパスをセンタリングと言います。

 

サイドからゴール前へロングパスを出すことで、味方はそのままヘディングシュートでゴールを狙うことができます。身長が高いフォワードがいるチームだと、ヘディングで競り勝てる可能性が高いため、戦術でセンタリングを多く使います。

このセンタリングのことを、違う言葉でクロスボールやクロスとも言います。サイドの選手は、クロスボールの精度が求められます。いかに味方がいるところへ、ピンポイントでクロスボールを送れるかが重要です。

 

サイドの選手は自分でドリブル突破をしても、そのままゴールに向かうことは少ないです。サイドから中央のゴールへ向かっても、中央だと選手が多いため、ボールを奪われてしまいます。そのためサイドにボールがあっても、最後はクロスボールで味方に合わせることになります。

 

センタリングの一種で、アーリークロスがあります。アーリークロスは、ハーフウェイラインを少し過ぎたあたりの早いうちにクロスボールを出すことです。なぜ早くクロスを上げるのかというと、カウンターなどで相手の守備が戻る前に、ゴール前へロングパスを出したいからです。そうなると守備は、下がりながら対応しなければなりません。処理が難しいと言えます。

その他にはグラウンダーのクロスもあります。これは低い弾道のセンタリングのことです。通常センタリングは高いボールを上げますが、低いクロスボールだとスピードが速く、そのため守備の対処も難しいのです。高さがないボールのため、味方はヘディングではなく、ボレーシュートなどで合わせることになります。

 

 

オーバーラップ
センタリングと合わせて使われることが多い言葉に、オーバーラップがあります。オーバーラップとは、ディフェンダーの攻撃参加のことを言います。主な仕事は守備になりますが、状況を見て攻撃参加も行います。オーバーラップはとくにサイドバックの選手に使われることが多いです。

通常サイドにはミッドフィルダーの選手が前にいて、その後ろにサイドバックがいます。そうなると、通常は前にいるミッドフィルダーが攻撃を仕掛けるのですが、1対1のドリブル突破で相手を抜ける選手はそれほど多くありません。もちろん格上の相手であれば、ドリブル突破は通用しません。

 

そこで大事なことが、数的優位の状況を作り出すことです。ミッドフィルダーだけだと1対1になるところが、そこにサイドバックが攻撃に加わることで、2対1の状況が生まれます。そのため、サイドバックは守備だけでなく、攻撃参加も求められます。ときにはサイドバックがミッドフィルダーを追い越して、センタリングを上げることもあります。

相手選手は1対1で守備の対応をしても、その横にサイドバックが駆け上がってくることで、パスを出すのか、そのままドリブル突破してくるのか迷います。これが数的優位の状態です。サイドバックがオーバーラップして走ると、守備側は誰かがマークに付かなければなりません。そうなると、オフサイドラインがどんどん下がっていくことになります。

 

サイドバックは相手ゴールの近くまで攻めていき、センタリングを上げます。そしていったん攻撃が終わると、今度は守備位置まで戻ることになります。攻撃、守備、攻撃、守備の繰り返しです。ピッチの端から端までの往復を、1試合に何度も求められることになります。それを90分間続けることになると、かなりのスタミナが必要です。

 

また相手を抜くためのスピードも必要です。スピードを使ってドリブル突破ができて、さらにセンタリングを上げるため、パスなどの足元の技術も必要となり、その上で守備が求められる時代になっています。

 

サイドバックで長友佑都選手が、長い間日本代表に選ばれているのは、このサイドバックに必要な能力が卓越しているからです。スピードとスタミナに加えて、センタリングの精度が高いため、そこに達している日本人選手がいないのが現状です。

 

しかしサイドバックが、あまりにもオーバーラップが多過ぎると、ボールを奪われたときに、カウンターでピンチになってしまいます。そうならないために、ディフェンダーが攻撃参加をするときには、他の選手が空いたスペースをカバーしなければなりません。またサイドバックは右と左で1人ずついるため、片方に選手が攻撃するときには、もう片方の選手は守備に回るなどの連携も重要です。

 

ちなみにディフェンダーの攻撃参加でいうと、センターバックはほとんど攻撃参加をしません。その理由は、センターバックがいなくなるとその後ろはゴールキーパーしかいないため、危険だからです。

 

しかしセンターバックでも、1試合に数回は相手のゴール前にいくことになります。それはセットプレーのときです。セットプレーとは、ボールを置いて再開するフリーキックやコーナーキックのことを言います。

 

セットプレーでは、高いロングパスを上げてヘディングシュートを狙うことが多いです。センターバックは体が大きくて、身長が高い選手であることが多いため、ヘディング要員としてセットプレーのたびに前線に上がっていきます。

 

そのときにはディフェンスが手薄になるため、サイドバックや守備的ミッドフィルダーの選手が、センターバックのスペースをカバーするようにします。センターバック不在のときも同様に、ボールを奪われた後のカウンターに注意しなければなりません。

 

Sponsored Link