中を切る、外を切る
Sponsored Link

中を切る、外を切る

 

サッカーで切るとは、コースを消すことを言います。コースとは、相手選手がドリブルをするコースのことです。相手選手がボールを持っていて、ドリブルでこちらに向かってくるとき、そのまま放っておくと、どんどんゴールの方向へ攻めてきます。そのため守備の誰かがマークして、相手を止めなければなりません。

 

そのときに中を切るは、中へのコースを消す、つまり中央へ行かせないようにすることです。相手をサイドに追い込み、外に追い出すようにします。反対に外を切るは、外へのコースを消すということで、サイドにいる選手を、そのまま縦方向に行かせないようにすることです。

 


この2つは、ボールを持っている選手のタイプによって対応が変わってきます。中央が得意で、自由にプレーしたい選手もいれば、サイドが得意でドリブル突破が武器の選手もいます。相手がやりたいことをさせないことが守備の基本です。

 

どちらかというと、外にいた選手が中に入られた方がやっかいです。ボールが中央にくると、危険度が高くなります。中央にポジショニングを取られると、左右にパスを出したり、自分でドリブル突破をしたり、そのままシュートしたりと選択肢の幅が広がってしまうからです。

 

だからと言って、全ての選手を外に追い出せばいいわけでもありません。選手によっては、サイドに位置して縦へのドリブル突破が得意な選手もいます。そうすると外から突破したところで、中にいる選手へ精度が高いクロスを上げてくると、守備としてはまずい展開です。

 

サイドが得意な選手には、1対1で守備の対応をしてもドリブルでかわされる可能性もあるため、わざと外を切って中央へ追い込みます。中央の方が守備の人数が多いため、数的優位で囲んでボールを奪うことができます。中を切るにしても、外を切るにしても、大事なことは、どちらに行かせるのかはっきり意思表示をすることです。

 

 

攻撃はワイドに、守備はコンパクトに
攻撃のときはフィールドを広く使い、守備のときにはフィールドをコンパクトに使うことが基本となります。これはスペースの問題です。攻撃では空いたスペースをいかに作るか、守備ではスペースをいかに埋めるかが勝負の分かれ目となります。

スペースを多く作るためには、攻めるときに選手は広がって、ワイドにスペースを使った方がいいです。そうすると、自由にさせると精度の高いパスを出されてしまうため、相手もマークに付かなければならず、自然と守備も広がっていきます。

 

ゴールは中央にあるから、守備は中央に固めがちになります。しかし広く攻撃を行うと、守備も広がらざるを得ないということです。こちらがサイドにいくと、相手も必ずついてきます。相手にゴール前を固められるよりも、散らばってもらった方がスペースができやすいです。

 

反対に守備はコンパクトの方がいいと言えます。守備では空いたスペースにカバーにいくことが基本となり、広がりすぎるとカバーが遅れてしまいます。守備が密集している状況の方がボールを奪いやすく、守備がコンパクトだと、相手が1人に対して2人でボールを奪いにいくこともできます。

そのためにはディフェンダー同士で、適度な距離を保ちながら守備を行うことが重要です。練習では腰ひもをつけながら守備を行うなど、適度な距離をいつでも保てるように、体に覚えさせます。ディフェンダー間の距離が近いと、余分なスペースを与えなくて済みます。

 

フォワードからディフェンダーまでの縦の距離がコンパクトだと、走る距離も短くなります。自陣ゴール前でボールを奪うと、攻撃するために敵陣のゴールまでいかなければなりません。しかしハーフウェイライン付近でボールを奪うことができれば、敵陣ゴールまでの距離が半分で済みます。

 

守備で広がりすぎると、体力的に疲れるため常にラインを押し上げるなどして、なるべく前線でボールを奪えることが理想です。ディフェンダーのラインコントロールは、オフサイドトラップだけでなく、守備をコンパクトにする働きもあります。

Sponsored Link