バイタルエリア
Sponsored Link

バイタルエリア

 

サッカーはなかなか得点が入らないスポーツです。作戦を考えて攻めても、相手も負けないように作戦を立てているため、こちらの攻撃を読んだ守備をしてきます。そのため数少ないチャンスをものにできるかが重要です。

 

得点を取るためには、相手の隙をついてチャンスを作らなければなりません。しかしパスをつないでゴール前まで運んだり、ドリブル突破でチャンスを作れるほど簡単ではありません。そんな中でもシュートを打つときには、なるべく相手にマークされないフリーでいたいと思っています。

 

そのために必要なものが、空いているスペースを上手く活用することです。そこで重要になってくるのがバイタルエリアです。テレビ中継の解説などでよく聞くことが多い言葉です。このバイタルエリアは、ペナルティエリアとはまた違います。

 

バイタルとは日本語で、生命の、死活にかかわるという意味です。つまりバイタルエリアとは、相手の隙をつくために必要なエリアのことです。戦術が発達してきて、相手の隙を見つけることが容易ではない今のサッカーでは、このバイタルエリアを活用することが重要です。

 

しかしバイタルエリアは、得点につながりやすい危険なエリアのことだけで、明確な定義がありません。一般的には、センターバックとミッドフィルダーの間のスペースやペナルティエリアの両サイドのことを言います。

ディフェンダーのすぐ前でボールを持たれると、その選手には誰かがマークにいかなければなりません。そうすると、ディフェンスが1人減り、その分スペースが生まれてきます。その空いたスペースを使えば、プレーの選択肢が増えることになります。バイタルエリアに攻撃の起点を作ることで、相手の守備を不安定な状態にできるのです。

 

サッカーでは相手に時間とスペースを与えないことが重要です。ディフェンスは、相手に考えさせるまえに素早くマークなどで体を寄せて自由にさせないようにしなければなりません。バイタルエリアで相手選手に自由にされると、決定的な場面を作られるため、守備では常に意識しておく必要があります。

 

 

オープンスペース
バイタルエリアは、危険なエリアを総称して言いました。危険なエリアかどうかを問わず、ピッチで味方も相手も誰もいないスペースのことをオープンスペースと言います。これもサッカーではよく使う言葉です。

 

相手に密着マークをされている状態で、華麗にドリブルしたり、ピンポイントのパスを出したりできる選手は少ないです。それができるのはトップ選手だけです。そこでサッカーで大事なことが、相手にマークされていないフリーの状況をいかに作れるかが、ポイントとなります。

 

攻撃と守備ではお互いに、空いているスペースの奪い合いが行われています。攻撃側は空いたスペースにうまく侵入しようとして、反対に守備側は空いているスペースを埋めようとします。この駆け引きがサッカーでは常に行われています。

 

特に現代では、中央は人が密集してスペースがないため、サイドを上手く使うことが大事になってきます。ワイドに展開して、相手を左右に散らすことができれば、オープンスペースも出てきます。この方法がゴールに直結する手段です。

 

 

裏を取る(オフサイド応用編)
サッカーの試合中継を見ていると、解説者がよく「裏を取る」という言葉を使っています。サッカーの知識が全くない人が聞いても、意味がわからない言葉です。これは攻撃している側が使う言葉になります。

 

裏を取るの「裏」とは、相手ディフェンダーの背後のことを指します。ちなみに裏はあっても、表は存在しません。相手ディフェンダーの背後に空いたスペースへ、味方が飛び込むことで大きなチャンスが生まれます。このような裏へ抜け出そうとするフォワードと、それをさせないディフェンダーの攻防が試合中行われています。

そのような攻防が行われる背景には、サッカー独自のオフサイドというルールがあるためです。これはゴール前で味方選手が待ち伏せできないルールなのですが、このルールがあるために味方選手は、相手ディフェンダーよりも前線にいることができません。(実質一番後ろのディフェンダーがオフサイドラインとなるため)

 

ディフェンダーにとっても、相手の攻撃選手がゴール前にいない方が安心できます。そこでディフェンダーはなるべく前線へと上がろうとします。それに伴い、オフサイドラインも上がっていくことが狙いです。これをラインを押し上げると言います。

 

しかしむやみに上げすぎると今度は、ディフェンダーの背後に空いた大きなスペースの裏を取られたときにピンチを招いてしまいます。攻撃の選手がオフサイドラインギリギリにいて、味方のパスと同時にオフサイドラインを飛び出せば、オフサイドにはなりません。このような抜け道から、オフサイドを破ってきます。

 

だからと言って、ディフェンダーがむやみに下がり過ぎると裏を取られる心配はありませんが、オフサイドラインが下がることになり、相手の攻撃選手が簡単にゴール前でプレーできてしまいます。このあたりの攻防を楽しむことができれば、かなりのサッカー通であると言えます。

 

ちなみにディフェンダーがオフサイドラインを状況によって上げたり、下げたりします。これをラインコントロールと言います。これはディフェンダー全員の息が合わないと成り立ちません。オフサイドラインを上げたと思っても、ディフェンダーが一人でも残っていると、オフサイドができなくなります。そんなことがないように、日頃から選手はトレーニングをしているのです。

 

Sponsored Link