前評判が低い国ほど結果を残す
Sponsored Link

前評判が低い国ほど結果を残す

 

ワールドカップでは不思議と、前評判が高い国ほど結果を残せなくて、前評判が低い国ほど結果を残す傾向にあります。これは日本代表も例外ではありません。

 

初めて日本がベスト16になったのは、2002年の日韓大会でした。このときは開催国だったのですが、前回のフランス大会では、初出場で3戦全敗だったため、開催国とはいえ、まだワールドカップで1勝もしていないのに大丈夫なのかと不安視されていました。

 

また開催国は予選が免除になるため、真剣勝負ができる公式戦の試合数が少ないこともあることも不安でした。これまで全ての開催国は、グループリーグを突破しているためプレッシャーもあったのです。しかし開幕したら、2勝1分けでグループリーグを突破できました。ワールドカップ初勝利とともに、ベスト16に進出できたのです。

 

そして2006年ドイツ大会では、活躍がとても期待されました。前回の2002年で主力だったゴールデンエイジと呼ばれるメンバーが、そのまま代表に残ったため、ベスト16を超えられるのではないかと盛り上がっていました。

 

しかし2006年はワールドカップの開催国ではないことと、まだまだ実力が及ばないこともあり、グループリーグで敗退してしまいました。1分2敗と散々な結果でした。ワールドカップはそんなに甘くなかったのです。

 

2006年が終わり、主力だった中田英寿が現役引退したりと、次の2010年を目指す日本代表は、メンバーが大きく変わりました。以前ほど華があったわけではなかったので、世間の日本代表への関心が薄れていきました。そのため2010年は、あまり期待されていなかったのです。

 

2010年南アフリカ大会の日本代表で、ヨーロッパで活躍していたのは、森本、本田、長谷部、松井の4人だけでした。それ以外は全てJリーグの選手しかいなかったのです。また2006年大会が終わったあとに、オシムが監督になったのですが、病で倒れたため、急遽岡田武史が監督になりました。

 

そんなこともあって開幕した2010年大会ですが、グループリーグでシード国のオランダには敗れたものの、カメルーンとデンマークに勝ち、2勝1敗でグループリーグを突破することができました。2006年のときに比べて、期待されなかったため、プレッシャーも少なかったのかもしれません。

 

2014年ブラジル大会はとても期待されました。日本代表メンバー23名のうち、半分がヨーロッパ所属選手です。しかもマンチェスターユナイテッド、ACミラン、インテルなどビッグクラブに所属していました。

 

ワールドカップ本大会までの試合でも勝ったりしていたため、さらに日本中が期待しました。過去最強の日本代表くらいに期待されたのですが、結果はグループリーグ1分2敗で敗退してしまいました。

 

そして2014年とは反対に、2018年ロシア大会は全く期待されていませんでした。大会直前にハリルホジッチ監督が解雇されたこともあり、グループリーグ全敗だとも言われていました。しかし結果は1勝1敗1分でグループリーグを突破し、2010年以来のベスト16を果たしました。

 

日本代表は期待されているときほど結果が出せず、期待されていないときほどいい結果を残す傾向になっています。

 

 

海外でも同じ傾向にある
これは日本代表だけでなく、他の国でも同じ傾向があります。2002年の日韓大会では、優勝候補は、フランスとアルゼンチンでした。南米予選ではアルゼンチンがぶっちぎり強さで1位通過でしたし、フランス代表は1998年大会と2000年EUROで優勝していました。

 

そのため今大会でも活躍が期待されたのですが、本大会直前の親善試合で、エースのジダンが怪我をしてしまったのです。コンディションが最悪で、試合にはほとんど出場できませんでした。結局期待されたフランスとアルゼンチンでしたが、どちらもグループリーグ敗退しました。

 

そして2002年大会に優勝したのはブラジルでした。ブラジルは南米予選で苦しみました。一時は突破が危ぶまれたのですが、なんとか3位で通過することができました。南米予選では、4位までしか枠がないため、ギリギリだったと言えます。

 

それもあって本大会ではあまり期待されていなかったのですが、始まるとロナウド、リバウド、ロナウジーニョの3トップが活躍して、結果5回目の優勝を果たしました。ワールドカップは前評判は関係なく、やって見なければわからないところがあります。

 

 

そんなブラジルですが、次の2006年ドイツ大会では、優勝候補でした。前回覇者ということもあったのですが、ロナウジーニョ、カカ、アドリアーノ、ロナウドと最強の攻撃陣を揃えていたため、優勝間違いなしと言われました。

 

バルセロナで華麗なプレーで多くの選手を魅了した、ロナウジーニョの大会になるのではないかとも言われました。しかし残念ながら、結果はベスト8で敗退しました。日本代表がベスト8だとかなりすごいですが、ブラジル代表のベスト8は失敗に等しい成績です。

 

そして代わりに優勝したのがイタリアでした。ワールドカップが開催された2006年の夏は、イタリア国内ではカルチョスキャンダルがありました。ユベントスがセリエAの審判を買収していたことが発覚し、それでもちきりだったのです。

 

ドイツにいたイタリア代表も、カルチョスキャンダルは気が気ではなかったと思いますが、しかしそれによりチームが一致団結しました。ワールドカップの期間中は、遊びにいくイタリア代表でしたが、このときばかりはみんな真面目でした。それによりイタリア代表が優勝できました。

 

また同じ2006年は、開催国であるドイツ代表も全く期待されていなかったのです。2年前に行われた2004年のEUROでは、グループリーグ敗退していたこともあり、開催国とはいえ、結果を残せないのではないかと思われていました。

 

しかも2004年後に就任したクリンスマン監督がメンバーを若返らせたため、若手選手では勝てないと思われていました。マスコミもクリンスマン監督を批判してきましたが、結果ベスト4に進出できました。大会が終わった途端にマスコミは手のひら返しです。クリンスマン監督に辞めないでと懇願していました。

 

このようにワールドカップは、期待されているときほど、結果が残せない不思議な大会です。むしろマスコミが勝手に期待したり、批判したりしているだけなので、そこに流されないチームが良い結果を残すのだと思います。

 

Sponsored Link