海外サッカー

ヨーロッパのリーグ戦はどの国のレベルが一番高いの?

Jリーグでプレーする日本人選手は、ほぼ必ずってほどヨーロッパのクラブに移籍します。

その理由は世界中でもヨーロッパのレベルが最も高いからです。

ところがヨーロッパの中でも移籍する国よってレベルが異なります。

そこで今回は、ヨーロッパの中でどの国のレベルが一番高いのかについてお話していきます!

パンダモくん
パンダモくん
ボクはスペインに行ってみたいなぁ!うーん、でもまだオファーが来ないんだなぁ~
スポンサーリンク

ヨーロッパのリーグ戦はどの国のレベルが一番高いの?

『サッカー選手がヨーロッパへ移籍する』

このように聞くと、おそらく様々な国を連想するのではないでしょうか。

  • イングランド
  • スペイン
  • イタリア
  • ドイツ

このあたりが日本でも有名どころの国です。

日本でサッカーが有名な国は、リーグ戦のレベルも非常に高いです。

でも実際のところ、どの国のレベルが最も高いのかは判断のしようがありません!

そこでヨーロッパのサッカーを統括するUEFA(ウエファ)は、ヨーロッパの各国リーグ戦のレベルをランキングで発表しています。

それをUEFAカントリーランキングと言います!

このランキングのトップ10は以下のようになっています。

  1. スペイン
  2. イングランド
  3. イタリア
  4. ドイツ
  5. フランス
  6. ロシア
  7. ポルトガル
  8. ベルギー
  9. ウクライナ
  10. トルコ

ただしこのランキングは、あくまでもリーグ戦のレベルのランキングです。

代表チームのランキングは、これとはまた別のFIFAランキングになります。

パンダモくん
パンダモくん
スペインやイングランドは強いし人気も高い!そしてもちろんボクも好き!

強い国はUEFAの大会へ出場できる

このUEFAカントリーランキングですが、単に各国リーグ戦の強さを表したものではありません。

このランキングによって、ヨーロッパの大会への出場枠が決定することになります。

クラブチームのヨーロッパの大会は2つ存在します。

  • UEFAチャンピオンズリーグ
  • UEFAヨーロッパリーグ

この2つの大会に出場するための枠が、UEFAカントリーランキングによって決定されます。

このような大きな大会への出場枠があるために、リーグ戦は最後まで盛り上がります。

たとえリーグ優勝できなくても、翌年のチャンピオンズリーグやヨーロッパリーグへの出場権はどのクラブも欲しいからです。

そういった意味でもヨーロッパの大会は、各国リーグ戦の盛り上がりに大きな貢献をしています。

パンダモくん
パンダモくん
UEFAの大会に出場できるかで翌年の収入も変わってくるんだ!だからみんな最後まで必死なんだよ!
UEFAチャンピオンズリーグとヨーロッパリーグの違いは何?日本で行われるサッカーの試合では主に2つの種類に分かれます。 代表チームの試合→日本代表 クラブチームの試合→Jリーグなど...
スポンサーリンク

上位4カ国のリーグ戦のレベルが揺るがない理由

UEFAカントリーランキングの上位4カ国には、UEFAチャンピオンズリーグへの出場権が4枠与えられます。

そしてこの4カ国は長い間不動のビッグ4となっています。

  1. スペイン
  2. イングランド
  3. ドイツ
  4. イタリア

なぜこれらの国は常に上位をキープできるのかというと、それには以下の理由があるからです。

理由:世界的なビッグクラブが存在しているから

各国リーグには、例えば以下のようなビッグクラブがあります。

  • スペイン→レアル・マドリード、バルセロナ
  • イングランド→チェルシー、マンチェスターC
  • ドイツ→バイエルン・ミュンヘン、ドルトムント
  • イタリア→ユベントス、インテル

まずUEFAカントリーランキングは、過去の5シーズンのUEFAの大会の成績によるポイント制になっています。

つまりUEFAチャンピオンズリーグやヨーロッパリーグで好成績であればあるほど、より多くのポイントが与えられる仕組みです。

  1. ビッグクラブに良い選手が集まる
  2. UEFAの大会で好成績を収める
  3. UEFAカントリーランキングでポイント獲得
  4. ますますビッグクラブが潤う
  5. そのお金でさらに良い選手を獲得する

この好循環があるために、ヨーロッパのトップ4はいつまでもレベルが落ちないどころか、ますます中小クラブとの格差が広がっています。

パンダモくん
パンダモくん
UEFAチャンピオンズリーグは、やっぱりファンもビッグクラブ同士の対戦を期待しちゃうんだよね〜
スポンサーリンク

日本人選手に人気なのはどの国のリーグ戦?

近年では多くの日本人選手もヨーロッパへ移籍するようになりました。

日本人選手はこれまで様々な国のリーグ戦でプレーしてきています。

しかしどうしてもこの2カ国だけは、あまり結果を出せていません。

  • スペイン(ラ・リーガ)
  • イングランド(プレミアリーグ)

やはり世界でもトップレベルのリーグ戦になるため、日本人選手は毎回かなり苦戦しています。

一方で日本人選手に人気なのは、ドイツのブンデスリーガです。

2008年に長谷部誠選手がドイツへ移籍したのをきっかけに、多くの日本人選手が移籍してきました。

  • 長谷部誠
  • 香川真司
  • 内田篤人
  • 宇佐美貴史
  • 酒井宏樹
  • 武藤嘉紀
  • 大迫勇也
  • 鎌田大地

このように挙げればキリがないほどです!

パンダモくん
パンダモくん
ドイツのプレースタイルと日本人の気質が合っているみたいだね!

最近日本人選手に人気のリーグ戦

しかし最近ではドイツへ行く流れも変わってきています。

代わりに人気になっているのがこれらの国のリーグ戦です。

  • オランダ
  • ベルギー
  • オーストリア

例えば以下の選手たちが所属しています。

  • 本田圭佑(オランダ)
  • 板倉滉(オランダ)
  • 堂安律(オランダ)
  • 中村敬斗(オランダ)
  • 北川航也(オーストリア)
  • 伊東純也(ベルギー)
  • 久保裕也(ベルギー)
  • 三好康児(ベルギー)

トップレベルの国と比べれば、確かにこれらのリーグ戦はレベルが劣ります。

しかし移籍するメリットもあります!

  • 慣れない環境でプレーすることで、選手として成長できる
  • 活躍すればトップレベルのクラブへステップアップできる
  • UEFAヨーロッパリーグに出場できる可能性がある

また最近では、ベルギー1部リーグのシント=トロイデンVVに移籍する日本人選手が増えています。

その理由は、2017年に日本企業のDMMグループが経営権を取得したからです。

特に将来有望な若い選手が、ヨーロッパへのステップアップの第一段階として所属するケースが多くなっています。

パンダモくん
パンダモくん
世界的なスター選手もオランダやベルギーからステップアップしているんだ!日本人も夢じゃない!
  • ヨーロッパのリーグ戦はUEFAカントリーランキングによって順位付けされる
  • ランキング上位のリーグ戦ほどUEFAの大会への出場枠が多くなる
  • 最近の日本人選手の移籍はオランダ、オーストリア、ベルギーが増えている