UEFAランキング
Sponsored Link

UEFAランキング

 

ヨーロッパのクラブの実力を示すランキングに、UEFAランキングというものがあります。FIFAランキングとは、全くの別ものになり、UEFAはヨーロッパの大陸連盟になるため、ヨーロッパに関するランキングです。

 

カントリーランキングとクラブランキングの2種類があり、カントリーランキングは国内リーグの国ごとのレベルを表したもの、クラブランキングは、クラブごとのレベルを表したものです。

 

UEFAランキングは、過去5シーズンのUEFA主催の試合である、チャンピオンズリーグとヨーロッパリーグに出場したクラブの成績を数値にして合計したものです。チャンピオンズリーグに出場できたらポイント、1勝するたびにポイント、決勝トーナメントに進出できたらポイントなど、そのクラブの成績によってポイントがもらえます。

 

カントリーランキングは、そのクラブごとの数値を、国別で集計したものです。国ごとのランキングになりますが、代表チームの成績は一切考慮されず、クラブでの成績のみ反映されます。

 

ランキングが上位にいる国ほど、国内リーグのレベルが強いということです。1位のスペインはリーガエスパニョーラ、2位のイングランドはプレミアリーグ、3位はドイツのブンデスリーガです。このカントリーランキングがある意味は、UEFA主催の大会への出場枠が決まってきます。

 

UEFAチャンピオンズリーグ、UEFAヨーロッパリーグでは、国ごとに出場枠が決まっています。例えばカントリーランキングの上位3ヶ国である、スペイン、イングランド、ドイツは、UEFAチャンピオンズリーグの出場枠が4チームです。昨シーズンの国内リーグ上位4チームが、UEFAチャンピオンズリーグの出場権が与えられるということになります。

 

一方のクラブランキングは、クラブの成績のポイントを合計して、チームごとにランキングにしたものです。チャンピオンズリーグで結果を残すたびにポイントがもらえるため、毎年のように常連で出場していて、さらにベスト8以上の成績を毎年残していればポイントはどんどんたまっていきます。

 

ヨーロッパの大会で、結果を残したクラブが上位にくるため、どこのクラブが現在強いのかがランキングによりわかります。スペインの2強であるレアルマドリードやバルセロナが最も強く、必ず上位に入っています。毎年のようにチャンピオンズリーグベスト4以上の成績であれば、入るのも当然と言えます。

 

その他ドイツやイングランドのビッグクラブも上位に入ってきます。また国内リーグのトップクラブである、フランスのパリ・サンジェルマン、ポルトガルのFCポルトやベンフィカなども毎年チャンピオンズリーグに出場していて、多くポイントがもらえているため、ランキングに入ってきます。

 

このクラブランキングですが、UEFAチャンピオンズリーグのグループリーグ抽選のときに、ポッド分けで使われます。強いチームが同じグループにならないように配慮されるのですが、そのときはクラブランキングを元に分けられることになります。

Sponsored Link