サッカーくじtoto
Sponsored Link

サッカーくじtoto

 

競馬、競艇など公営ギャンブルはさまざまありますが、サッカーにも存在します。それがスポーツ振興くじ、通称toto(トト)やサッカーくじと言われているものです。イタリアではサッカーくじのことを、トトカルチョと言うため、toto という名前はそこから由来しています。


totoはサッカーの試合の勝敗を予想、投票して、予想が的中すると当せん金がもらえます。2001年から始まって、現在も続いています。予想する試合は、Jリーグがメインになりますが、2014年ブラジルワールドカップのときは、ワールドカップtotoも販売されました。

 

totoは1口100円からと手軽に購入できる上に、ネットやコンビニなど場所を選ばずに購入できるため、サッカーを知らない人にも一般的になっています。当せんの確認もネットで行うことができます。

 

totoの売上のうち50%は、当選金の払い戻しに充てられるのですが、収益は日本におけるさまざまなスポーツ振興に使われます。これはサッカーだけでなく、レスリング、陸上、水泳などの選手育成や設備投資などに使われています。

 

Jリーグの試合を予想するのに、Jリーグに収益がいかないのも不思議な気もしますが、そもそもtotoの運営はJリーグは入っていません。日本スポーツ振興センターという団体が行っているため、Jリーグとはお互いに発言する権利もありません。

 

またサッカーは人気のため、他のスポーツに比べて予算がありますが、その他では予算がないため環境整備が難しい現状もあります。オリンピックを目指している選手は、アマチュアがほとんどのため、スポーツをするにもお金がかかります。それもあってtoto の収益は貴重な財源となっています。

 

 

サッカーくじの種類
サッカーくじは大きく分けると、totoとBIGに分かれます。totoは通常のtoto、mini toto、toto GOAL3などさまざまな種類があり、全て一口100円で購入できます。手軽に購入できるのがtoto の魅力です。

 

通常totoは、Jリーグ13試合の結果を、勝ち、負け、引き分けの中から予想します。全て的中させる1等は、キャリーオーバーが発生すると、最高5億円になります。キャリーオーバーがなくても最高1億円と、宝くじと遜色ない金額です。しかし全て的中させる確率は、160万分の1になるため、Jリーグにいくら詳しくても簡単には当たりません。

 

toto だとなかなか当たらないですが、当たる確率が高いmini totoもあります。当せん金は1等は1万円と、totoよりも下がるものの、選ぶのは5試合だけで、当せん確率も243分の1と当たる確率がかなり高いです。

 

また試合の勝ち負けではなく、違う予想をするのがtoto GOAL3になります。対象の3試合、6チームの得点をそれぞれ0点、1点、2点、3点以上の4つから予想するだけです。1等の当たる確率は、4096分の1とmini totoよりも下がりますが、1等の当せん金は10万円とより高額になります。

 

サッカーくじのもう一方が、BIGになります。totoは予想を全て自分で選択するのに対して、BIGは完全にランダムに選ばれます。コンピュータにより番号が決まってしまうため、宝くじと同じです。そのためサッカーに詳しくない人でも購入できます。


14試合をtotoと同じで勝ち、負け、引き分けでコンピュータが予想するのですが、1口300円とtoto よりも高額ですが、1等最高で6億円、キャリーオーバーがなくても3億円と、totoにはない高額な当せん金が魅力です。

 

BIGにもさまざまな種類があり、9試合予想のmini BIG、100円BIGなどがあります。mini BIGは1等100万円、100円BIGは1等2億円と、totoに比べて高額な当せん金が魅力ですが、こちらも全てランダムピックになります。

 

サッカーの予想を楽しみたい場合はtoto 、とにかく高額な当せん金を狙いたい人はBIGと、それぞれターゲットが違ってきます。どちらにしても、Jリーグに注目が集まり、さらに収益が日本のスポーツに還元されるのであれば、サッカーくじの存在は大きいと言えます。

Sponsored Link