サッカーの基本ルール

サッカーで最も難しいルール|オフサイドをわかりやすく解説

サッカーでは様々なルールがありますが、その中でも最もわかりにくいものにオフサイドがあります。

オフサイドはサッカー独自のルールになるため、初心者にとってはわかりにくいものの一つです。

そこで今回はオフサイドのルールについて見ていきましょう!

パンダモくん
パンダモくん
これを読めばオフサイドがざっくりわかるようになるよ!

そもそもオフサイドってどういうもの?

そもそもサッカーでのオフサイドとはどのようなルールなのでしょうか?

ざっくりと説明するとこのようになります。

オフサイド・・・相手のゴール前で待ち伏せすることができないルール

例えば相手チームから攻撃を受けて必死に守っている状況だとします。(イラスト=赤色が味方、青色が相手)

そして何とか相手からボールを奪うことができたら、今度は反対にこちらから攻撃を仕掛けることになります。

ところがもし相手のゴール前に味方選手が1人いればどうなるでしょうか?

ロングパス一本で簡単にチャンスが作れてしまいます。

『サッカーで1点取るのなんて簡単じゃん!』

ところがこのやり方はサッカーでは認められていません。

これがオフサイドという反則になります。

パンダモくん
パンダモくん
細かくパスをつなぎながら相手ゴールに向かっていくのはオフサイドがあるからなんだ!

ここまではざっくりとオフサイドについて説明しましたが、次からは具体的なルールの詳細について確認していきます。

  • 相手のゴール前にいる味方にロングパス1本でボールを渡すことはできない
  • オフサイドという反則になってしまうから

オフサイドのルールをわかりやすく解説

オフサイドが成立するためには、いくつかの条件が存在します。

その条件を知ることがオフサイドの理解につながります。

そしてその成立条件とは以下の3つです。

  1. 相手の陣地側に味方選手がいること
  2. ボールを前に向かって蹴り出すこと
  3. 相手選手の後ろから2人目よりも相手ゴール側にいること
パンダモくん
パンダモくん
これだけだとわかりにくい!何が何だかさっぱり!

それではこれら3つを順番に説明していきます!

条件1:相手の陣地側に味方選手がいること

まずオフサイドが成立するための条件として、相手の陣地側に味方選手がいることが条件となります。

図で表すとこのエリアです。

理由は簡単で、味方の陣地で味方が待ち伏せしてもチャンスにはつながらないからです。

しかしもしオフサイド成立条件を全て満たす場合、パスを出した瞬間に味方が相手陣地にいたら、その時点でオフサイドとなってしまいます。

パンダモくん
パンダモくん
オフサイドは味方へパスを出した瞬間に反則かどうかを判断されるんだ!

もちろん条件を全て満たす必要はありますが、『ボールを蹴った瞬間にオフサイドかどうかを判断される』というのは、ぜひとも覚えておいてください。

条件2:ボールを前に向かって蹴り出すこと

オフサイドが成立する2つ目の条件は、ボールを前に向かって蹴り出すことです。

先ほど説明したロングパスも、前にいる味方に向かって蹴り出していました。

『味方にパスを出すのに前に向かってボールを蹴るのは当たり前でしょ?』

このように思われるかもしれませんが、必ずしもそうとは言えません!

パスの方向によっては後ろにいる味方に向かって行うときもあります。

実はこの場合にはオフサイドが適用されないのです!

パンダモくん
パンダモくん
後ろにいる味方にパスをすることをマイナスボールって言うんだ!

ということでオフサイドの2つ目の条件は、自分よりも前にいる味方へパスをするときです。

条件3:相手選手の後ろから2人目よりも相手ゴール側にいること

オフサイドが成立する最後の条件は、味方の選手が相手選手の後ろから2人目よりも相手ゴール側にいることです。

ここまでオフサイドの成立条件を2つご紹介してきました。

  1. 相手の陣地側に味方選手がいること
  2. ボールを前に向かって蹴り出すこと

これだけだったら、前線にいる味方にはほとんどパスを出せなくなってしまいます。

そこで重要なのが3つ目の成立条件です!

これが非常に大事なのでぜひ理解してほしいと思います!

オフサイドというのは、味方からボールを受ける選手の立ち位置がとても重要です。

条件3というのは、このボールを受ける選手が、相手選手の後ろから2人よりも前にいてはいけないというルールです。

パンダモくん
パンダモくん
う〜ん、まだちょっとわかりにくよね〜

わかりやすいように図で表すとこのようになります。

厳密に言うとゴールキーパーも入れて後ろから2人目ですが、たいていゴールキーパーは最後尾にいます。

そのため事実上最も後ろにいる相手ディフェンダーが基準となります。

そしてこの最も後ろにいる相手ディフェンダーのラインを、オフサイドライン(最終ライン)と言います。

もちろん相手チームの後ろから2人目なので、選手が動くたびに常にオフサイドラインも動いていることになります。

パンダモくん
パンダモくん
しかもオフサイドラインは目に見えないからやっかいなんだ!

ですので攻撃選手は、常に相手ディフェンダーの位置を確認しながら、パスを受けなければいけません。

  • パスを出した瞬間に味方選手のいる位置でオフサイドになる
  • 相手ゴールの後ろから2人目よりも前に味方がいるとオフサイドになる
  • この後ろから2人目のことをオフサイドラインと言う

オフサイドにならない例外もある

最後にオフサイドにならない例外もお話しします!

上記3つの条件を満たしていてもオフサイドにならないこともあります。

以下はオフサイドにならない例外です。

  1. マイナスボールでパスを受ける場合
  2. プレーに関わっていない場合(ただいるだけ)
  3. スローイン、コーナーキック、ゴールキック

1つ目のマイナスボールは先ほど説明させていいただいた通りです。

2つ目の『プレーに関わっていない場合』というのは、オフサイドラインよりも前にただいるだけの場合です。

オフサイドというのは、パスを出した瞬間にボールを受ける味方の位置がどこにいるのかが重要になってきます。

つまり一連のプレーとは関係ないところにいたとしても、それはオフサイドにはなりません。

ただしいくら関係ないからといって、その後すぐにプレーに関わってきてはオフサイドになってしまうので注意が必要です。

パンダモくん
パンダモくん
オフサイドになるかどうかは紙一重!ギリギリの攻防もあるんだよ