サッカーの基本ルール

サッカーの戦術には欠かせないフォーメーションって何?

サッカーは11人で行うスポーツですが、各選手には役割となるポジションが与えられています。

ポジションの解説については以下の記事をご覧ください!

サッカー選手の試合中の役割をざっくり説明するよ!サッカーを観る上で欠かせないものにポジションがあります。 ポジションというのはざっくり言うと、選手の役割を表しています。 こ...

しかしポジションを覚えるだけでは不十分で、それに加えてフォーメーションも知っておく必要があります。

ここではサッカーの戦術には欠かせないフォーメーションについて見ていきましょう。

パンダモくん
パンダモくん
テレビでサッカーを見るときにも必ずフォーメーションが出てくるよ!

サッカーの戦術には欠かせないフォーメーションって何?

サッカーのポジションは主に4つの役割に分かれています。

  1. フォワード・・・得点を取る役割
  2. ミッドフィルダー・・・中央で攻守の要となる役割
  3. ディフェンダー・・・守って相手の得点を防ぐ役割
  4. ゴールキーパー・・・唯一手を使って最後の砦となる役割

この中でゴールキーパーだけは各チーム必ず1人置かなければいけないルールがあります。

そのためキーパー以外の10人で残りの3つのポジションを果たす必要があります。

この3つのポジションの人数を表した陣形のことをフォーメーションと言います。

ちなみに日本ではシステムと言うこともありますが、これもフォーメーションを意味します。

フォーメーションを表すときには、必ず数字が3つもしくは4つ並んでいます。

例えば以下のような感じです。

  • 4−4ー2
  • 4−2−3ー1
  • 3−2−1ー2
パンダモくん
パンダモくん
10人の割り振りだから、数字は全て合計すると必ず10になるはずだよ!

この数字の見方としては、左からディフェンダー、ミッドフィルダー、フォワードの順番に並んでいます。

ちなみにこのフォーメーションは監督の戦術によって全て決まります。

そのため監督によっては得意なフォーメーションがあったりするため、知っておくとサッカーを見る上で役に立ちます。

パンダモくん
パンダモくん
近年の日本代表では4-2-3-1が主流になっているよ!でも対戦相手によっても変わるから完全に固定することは難しいね!
  • 10人の選手による陣形のことをフォーメーションと言う
  • フォーメーションは数字の羅列によって表される
  • 監督の戦術によって全て決まる

フォーメーションを最初に見るべきポイント

『いきなり数字の羅列を見せられてもよくわからない!』

という方のために、フォーメーションのわかりやすい見方について説明します。

数字が3つもしくは4つ並んでいますが、最初に見るべきポイントは一番左側の数字です。

先ほどもお伝えしたように、一番左側はディフェンダーを表しています。

フォーメーションを見ると、この一番左側の数字は必ず3もしくは4になっています!

なぜならディフェンダーは各チーム3人か4人であることが大半だからです。

パンダモくん
パンダモくん
でもときどきディフェンダー5人のときもあるけどね!

しかもディフェンダーの陣形は以下のようにほとんど固定されているのでわかりやすいです。

しかし中央(ミッドフィルダー)や一番右側(フォワード)の数字は同じでも、陣形によっても変わってくるためややこしさがあります。

ですのでまずはディフェンダーである一番左の数字から見ていくとわかりやすいでしょう。

  • ディフェンダーはほとんどが3人か4人になる
  • ディフェンダーの陣形は人数によってあまり変わらない

知っておきたいフォーメーションの種類

フォーメーションはかなりたくさんの種類があるため、一度に覚えることは大変です。

それは先ほどお伝えしたミッドフィルダーやフォワードの位置が異なるためです。

チームに所属する選手のポジションによって、フォーメーションが変わることになります。

パンダモくん
パンダモくん
特にどんなポジションのミッドフィルダーがチームにいるのかはフォーメーションを決める上でとても重要!
攻守の要『ミッドフィルダー』の詳しい役割を説明するよ!サッカー選手の役割とも言えるポジションには、以下の4つがあります。 フォワード・・・得点を取る役割 ミッドフィルダー・・・中...

そこでここでは、サッカーの基本としてよく使われるフォーメーションをいくつかご紹介します。

4-4-2

まずフォーメーションのベーシックな形として4-4-2があります。

『ディフェンダー4人、ミッドフィルダー4人、フォワード2人』

同じ4-4-2でも実際には以下のように大きく異なってきます。

これらはチームによって異なるため、どのような形のフォーメーションになるのかは試合前に確認する必要があります。

パンダモくん
パンダモくん
テレビのサッカー中継だと、どのタイプか教えてくれるよ!たぶん!

4-5-1

4−4−2と同じくらいよく使われるフォーメーションが4−5−1です。

『ディフェンダー4人、ミッドフィルダー5人、フォワード1人』

こちらも同様にミッドフィルダーの型によってフォーメーションの形が異なってきます。

以下は4-5-1の中でもよく用いられる型です。

ここまでくると数字が多くてわかりにくくなってきますが、結局はミッドフィルダー5人をどう配置するかってことです。

そのように考えるとわかりやすくなると思います。

パンダモくん
パンダモくん
チーム内に攻撃的なミッドフィルダーが多いと4-2-3-1になることが多いよ!

3-5-2

最後にご紹介するフォーメーションは、3-5-2です。

『ディフェンダー3人、ミッドフィルダー5人、フォワード2人』

以下は3-5-2として用いられる型です。

ちなみにこの3−5−2は、以前は日本代表でもよく使われていました。

パンダモくん
パンダモくん
最近の日本代表は4バックが多いから使われることは少なくなったね!

フォーメーションは試合中に変わることもある

なおフォーメーションは、そのチームや対戦相手によって異なってくるというのはお話しました。

4−4−2を使うチームもあれば、3−5−2を主流として使っているチームもあります。

ただし前提として忘れてはいけないのが、試合中にフォーメーションが動く可能性もあるということです。

監督『思ったよりもディフェンスが厳しいから誰か1人を守備に回そう』

監督が戦術的にこのように考えるかもしれません。

例えば最初フォワードが2人いたにもかかわらず、試合中に1人がミッドフィルダーにいってしまうこともあります。

こういうことは試合中よくあることです。

そのため実際に試合を見ながら、選手のポジションを確認するのも大事なことです。

パンダモくん
パンダモくん
フォーメーションはあくまで基本!目の前の試合で起こっていることが全てだよ!
  • フォーメーションは試合中に変わることもある
  • フォーメーションはあくまで基本の陣形