サッカーの基本ルール

サッカー選手の試合中の役割をざっくり説明するよ!

サッカーを観る上で欠かせないものにポジションがあります。

ポジションというのはざっくり言うと、選手の役割を表しています。

このポジションを知らずにサッカーを観てしまうと、なかなかおもしろさが理解できないのではないかと思います。

そこで今回は、サッカーにおけるポジションをざっくりと説明していきたいと思います。

パンダモくん
パンダモくん
最初のうちはざっくりと理解できれば十分だよ!

サッカーのポジションにはどういうものがある?

サッカーは制限時間内に、いかに多く相手のゴールにボールを入れるかを競うスポーツです。

そのためには出場している11人が自分の役割を全うする必要があります。

人によっては、攻撃して相手ゴールにボールを入れて得点する役割を担う選手もいます。

一方で自軍ゴールを守って相手に得点させない役割の選手もいます。

そしてそのポジションですが、大きく分けると以下の4つに分類されます。

  1. フォワード(FW)
  2. ミッドフィルダー(MF)
  3. ディフェンダー(DF)
  4. ゴールキーパー(GK)

この4つのポジションがサッカーでは基本となるため、最低限知っておきたいところです。

パンダモくん
パンダモくん
この4つのポジションは絶対に覚えようね!

ポジションは選手ごとに決まっている

サッカーでは大きく分けると4つのポジションがあります。

その役割をざっくり言うと、以下のような感じです。

  1. フォワード・・・得点を取る役割
  2. ミッドフィルダー・・・中央で攻守の要となる役割
  3. ディフェンダー・・・守って相手の得点を防ぐ役割
  4. ゴールキーパー・・・唯一手を使って最後の砦となる役割

これらのポジションは実際のところ、どれも専門職の要素が強いです。

そのため各選手はあらかじめどのポジションなのかが決まっています。

例えば日本代表で言うと、各ポジションには以下の選手がいます。

  • フォワード・・・大迫勇也、岡崎慎司、武藤嘉紀etc
  • ミッドフィルダー・・・中島翔哉、香川真司、本田圭佑etc
  • ディフェンダー・・・吉田麻也、長友佑都、冨安健洋etc
  • ゴールキーパー・・・川島永嗣、権田修一、東口順昭etc

そのためサッカー選手を知るときには、名前+ポジションはセットで覚えると良いでしょう。

ちなみにサッカーのポジションの中でも、特に花形なのはフォワードです。

なぜなら得点を取る機会が多いために、ファンやマスコミから注目される機会が多いからです。

パンダモくん
パンダモくん
フォワードは得点を取ればその試合ではスターになれるんだ!

また日本に限っていうと、ミッドフィルダーに良い選手が集まりやすい傾向にあります。

一説によると、漫画『キャプテン翼』の主人公である大空翼がミッドフィルダーだったために、憧れて良い人材が集まったとも言われています。

パンダモくん
パンダモくん
あくまで噂だけどね〜

そのため日本代表のミッドフィルダーは、最も競争が激しいポジションになっています。

毎回代表メンバーが発表されるたびに、誰が選ばれたのか、選ばれなかったのかが注目されています。

  • 選手ごとにあらかじめポジションが決まっている
  • 得点を取る役割のフォワードは注目されやすい
  • 日本にはミッドフィルダーに良い選手が集まる傾向にある

複数のポジションをこなす選手もいる

サッカーでは選手ごとにあらかじめポジションが決まっているというお話をしました。

しかし中には、一人の選手で複数のポジションをこなす選手もいます。

そういった選手のことを、ユーティリティプレイヤーと言います。

例えばフォワードとミッドフィルダーの両方でプレーできる選手もいます。

もしくはミッドフィルダーとディフェンダーの両方でプレーする選手もいます。

そして非常にまれですが、ディフェンダー、ミッドフィルダー、フォワードの全てでプレーする選手もいます。

パンダモくん
パンダモくん
複数のポジションができる選手はちょ〜かしこいよ!

ちなみにこのユーティリティプレイヤーですが、監督からは非常に重宝される傾向にあります。

なぜならサッカーでは交代要員となるベンチ入り人数が事前に決まっているからです。

例えばベンチ入り人数が5人だった場合、次のようなポジションの選手が入ることになります。

  1. 選手A(ゴールキーパー)
  2. 選手B(ディフェンダー)
  3. 選手C(ミッドフィルダー)
  4. 選手D(ミッドフィルダー)
  5. 選手E(フォワード)

ところが選手Dがユーティリティプレイヤーだったらどうなるでしょうか?

  1. 選手A(ゴールキーパー)
  2. 選手B(ディフェンダー)
  3. 選手C(ミッドフィルダー)
  4. 選手D(ミッドフィルダー&フォワード)
  5. 選手E(フォワード)

実際のベンチ入り人数は5人なものの、監督からすれば6人分の役割として考えることができます。

このような理由から、ユーティリティプレイヤーは監督から非常に重宝される傾向にあります。

パンダモくん
パンダモくん
同じ能力だったら複数のポジションができる選手が選ばれるだろうね!
  • 複数のポジションができる選手をユーティリティプレイヤーと言う
  • ユーティリティプレイヤーは監督から重宝される傾向にある

なお各ポジションの詳細については以下をご覧ください。

点取り屋『フォワード』の詳しい役割を説明するよ!サッカー選手の役割とも言えるポジションには、以下の4つがあります。 フォワード・・・得点を取る役割 ミッドフィルダー・・・中...
攻守の要『ミッドフィルダー』の詳しい役割を説明するよ!サッカー選手の役割とも言えるポジションには、以下の4つがあります。 フォワード・・・得点を取る役割 ミッドフィルダー・・・中...
守りの専門『ディフェンダー』の詳しい役割を説明するよ!サッカー選手の役割とも言えるポジションには、以下の4つがあります。 フォワード・・・得点を取る役割 ミッドフィルダー・・・中...
最後の砦『ゴールキーパー』の詳しい役割を説明するよ!サッカー選手の役割とも言えるポジションには、以下の4つがあります。 フォワード・・・得点を取る役割 ミッドフィルダー・・・中...