サッカーの基本ルール

サッカーの試合時間は1試合にどれだけ?

サッカーでは様々なルールがありますが、その中でも特に重要なのが試合時間です。

野球などのように試合時間が決められていない場合もありますが、サッカーでは明確にルールとして存在します。

ではサッカーの1試合あたりの試合時間はどれくらいなのでしょうか?

ここではサッカーの試合時間について説明していきましょう。

パンダモくん
パンダモくん
サッカーの試合時間について説明していくね!

サッカーの試合時間は1試合にどれだけ?

サッカーのルールで試合時間が明確に定められています。

その試合時間は前半45分後半45分1試合90分です。

この90分間の間にどれだけ相手のゴールにボールを入れることができるかで勝敗が決まってきます。

パンダモくん
パンダモくん
90分間も走り続ける選手はたいへんだよ〜

ちなみに1試合90分というのは、プロ・社会人・大学生の試合時間です。

大人の体力に合わせた時間が設定されています。

そのため高校生以下の場合は試合時間も変わるため注意が必要です。

  • 高校生・・・1試合80分(前半・後半各40分)
  • 中学生・・・1試合60分(前半・後半各30分)
  • 小学生・・・1試合40分(前半・後半各20分)

さすがに小学生の体力で90分間走りっぱなしはキツイですからね!

このように各年代の体力に合わせて、サッカーの試合時間も決められています。

パンダモくん
パンダモくん
サッカーを観るときはたいてい大人やプロだと思うから、1試合90分と覚えておけば十分だよ!
  • サッカーでは1試合90分間と定められている
  • ただし高校生以下の試合では試合時間が短くなる

前半と後半の間は休憩タイム

サッカーでは1試合90分ですが、前半と後半がそれぞれ分かれて設定されています。

では前半が終わると選手たちはどうするのでしょうか?

前半45分が終わると、一旦選手たちも監督やコーチもロッカールームへと引き上げます。

なぜなら後半が始まるまでの間は休憩タイムになるからです!

この前半と後半の間にある休憩タイムのことをハーフタイムと言います。

前半が終わってから後半が始まるまで、ハーフタイムはおおよそ15分間です。

パンダモくん
パンダモくん
ハーフタイムにしっかり休んで後半に備えるんだ!

ちなみに日本代表など、テレビ放映されているサッカーの試合では、試合中にコマーシャルが一切流されません。

代わりにこのハーフタイムの15分間にまとめてコマーシャルが流されるようになっています。

  • 前半45分と後半45分の間には15分ほどのハーフタイムがある
  • ハーフタイム中に選手は休憩することができる
  • テレビ放送の場合はハーフタイム中にまとめてCMが流される

ハーフタイムは休憩以外にも重要な役割がある!

実はこのハーフタイムですが、選手の休憩以外にも重要な役割があります。

それは監督が直接選手に指示できることです!

というのも試合中は監督が選手に直接指示することが難しいです。

なぜならサッカーのフィールドが広すぎて監督の声が届かないからです。

しかしハーフタイム中であれば、ロッカールーム内で全ての選手に指示を出すことができます。

パンダモくん
パンダモくん
前半と後半でチームの戦術が変わることもあるんだよ!

サッカーでおもしろいのは、前半と後半でまるで別人のチームになってしまうこともあるからです。

選手たちの動きが鈍ければ、ハーフタイム中に監督からゲキが飛ぶかもしれません。

また相手チームに劣勢であれば、戦術を大きく変えるかもしれません。

そういった前半と後半での違いを楽しむのも、サッカーの醍醐味の一つと言えます!

  • ハーフタイム中は監督が選手に直接指示できる
  • 監督の指示によってチームの士気が上がって生まれ変わることがある

試合中は時間が止まらない

サッカーは前半と後半で各45分間ありますが、試合時間としては結構長いです。

しかしサッカーでは試合時間において、一つのルールが存在します。

それは試合中何があっても時間を止めないことです!

ボールがラインを出ても、ファウルによってプレーが止まっても、試合時間が止まることはありません。

ごく稀にあまりにも中断が長引くような場合には(選手の大ケガや乱闘など)、止める場合もあります。

しかしサッカーでは原則的に試合時間を止めることがありません。

パンダモくん
パンダモくん
時間を止めるかどうかは全てレフェリー判断だよ!

また試合終盤になってくると、試合時間が止まらないルールを悪用しようとするチームも出てきます。

ボールがラインを出てプレーが止まると、勝っているチームはプレーが止まるとわざと試合再開を遅らせることがあります。

結構ずるい方法なので、これは遅延行為としてレフェリーから反則を取られます。

パンダモくん
パンダモくん
時間が止まらないから、試合終盤には負けているチームはプレーが止まると急いで再開しようとするんだ!

ただし攻めたプレーをしないでただ自軍でボールを回して時間稼ぎをするのはルール上OKです。

そのため試合時間は止まらないことを考慮して、選手は試合を行う必要があります。

  • サッカーでは基本的に試合時間が止まらない
  • ただし例外的に中断が長引く場合には止めることもある
  • 選手は試合時間が止まらないルールを上手く使うこともできる

夏場は給水タイムもある

選手は基本的に試合時間のプレー中は休むことができません。

なぜなら原則として試合時間が止まらないからです。

しかし場合によっては、ハーフタイム以外にも選手に休憩時間が設けられることもあります。

それが夏場の給水タイムです!

ルールとしては気温が32度を超えてくると、審判の判断で前半30分もしくは後半30分あたりに3分間の給水タイムを設けることができます。

この時間をクーリングブレイクと言います。

クーリングブレイクになると、選手はみんな自分のチームのベンチに集まって一斉に給水することになります。

通常試合中はフィールドの外に給水ボトルが置かれていて、選手は自由に給水することが可能です。

しかし最近では夏場があまりに暑すぎるため、選手の体調面を考慮して、このようなルールが導入されることになりました。

このルールは2014年ワールドカップで導入されるなど、比較的新しいルールです。

パンダモくん
パンダモくん
暑すぎると選手も走っていられないよ!

なお選手が一度ベンチに戻ってくるので、監督から直接指示を出すことも可能です。

ただしハーフタイムと違って、一旦ロッカールームに戻ることはできないので要注意です。

  • 夏場にはレフェリー判断で給水タイムがある
  • 給水タイムは3分間で選手は一斉に給水を行う
  • この時間中に監督から直接指示を出すことができる