サッカーの基本ルール

最後の砦『ゴールキーパー』の詳しい役割を説明するよ!

サッカー選手の役割とも言えるポジションには、以下の4つがあります。

  1. フォワード・・・得点を取る役割
  2. ミッドフィルダー・・・中央で攻守の要となる役割
  3. ディフェンダー・・・守って相手の得点を防ぐ役割
  4. ゴールキーパー・・・唯一手を使って最後の砦となる役割

これらのポジションの基本については以下の記事をご覧ください!

サッカー選手の試合中の役割をざっくり説明するよ!サッカーを観る上で欠かせないものにポジションがあります。 ポジションというのはざっくり言うと、選手の役割を表しています。 こ...

ポジションは大きく分けるとこれらの4つに分類されるのですが、実は各ポジションもさらに細かく分かれていきます。

ここではゴールキーパーのポジションをさらに詳しく見ていきましょう!

パンダモくん
パンダモくん
ゴールキーパーは他のポジションとは全く違うよ!

なおその他の各ポジションの詳細については以下をご覧ください。

点取り屋『フォワード』の詳しい役割を説明するよ!サッカー選手の役割とも言えるポジションには、以下の4つがあります。 フォワード・・・得点を取る役割 ミッドフィルダー・・・中...
攻守の要『ミッドフィルダー』の詳しい役割を説明するよ!サッカー選手の役割とも言えるポジションには、以下の4つがあります。 フォワード・・・得点を取る役割 ミッドフィルダー・・・中...
守りの専門『ディフェンダー』の詳しい役割を説明するよ!サッカー選手の役割とも言えるポジションには、以下の4つがあります。 フォワード・・・得点を取る役割 ミッドフィルダー・・・中...

ゴールキーパーとはどんなポジション?

サッカーは1チーム11人で行うスポーツですが、ゴールキーパーだけは特殊なポジションです。

なぜなら11人の中で唯一手を使ってサッカーができるからです。

写真にあるように、手に専用のグローブをはめて相手のシュートを守る役割です。

そんなゴールキーパーですが、主な役割は以下のようになっています。

  • チーム内で唯一手を使ってゴールを守ることができる
  • 最後尾からチームメイト(特に守備)に指示を出す

チームで唯一手を使えるゴールキーパーですが、もしボールを手で持って運び、相手ゴールに入れたらどうなるのでしょうか?

パンダモくん
パンダモくん
ゴールキーパーが手を使えるエリアは決まっているんだ!

そのため残念ながら、キーパーが手でボールを持って相手ゴールに入れることはできません。

なおゴールキーパーが手を使えるエリアをペナルティエリアと呼んでいます。

もしキーパーがペナルティエリアを少しでも外に出てしまうと、フィールドプレイヤーと同じ扱いになってしまいます。

パンダモくん
パンダモくん
エリア外で手を使ってしまうとレッドカードで退場になってしまうこともあるよ!

味方が攻撃しているときにはペナルティエリア外に出ていることもありますが(自軍に危険がないため)、基本的にはエリア内でゴールを守るのがキーパーの役割です。

またキーパーはチームの最後尾にいるため、味方と相手の動きがよくわかり、ゲームの全体を把握することができます。

そのためキーパーから味方ディフェンダーに指示が飛ぶことも多いです。

パンダモくん
パンダモくん
チームキャプテンを務めるキーパーも多いよ!

チームを統率するキャプテンシーも、ゴールキーパーにとっては重要な役割の一つです。

ゴールキーパーの特徴

ゴールキーパーには以下のような特徴があります。

  • キーパーは専門職になるため練習も別扱い
  • 精神的なプレッシャーがすごい

ゴールキーパーはチームで唯一手を使えるポジションですが、完全な専門職になっています。

サッカーではチーム練習が行われるものの専門職のため、ランニングなどを除いてトレーニングメニューがキーパーだけ別扱いです。

さらに一人だけユニフォームが異なり、手の危険を回避するためにキーパーグローブ日よけのためのキャップも認められています。

パンダモくん
パンダモくん
キャプテン翼のキーパー若林くんはキャップがトレードマークだよ!

またフィールドプレイヤーのように走ったりすることが少ないため、体力的には他の選手よりも楽なポジションです。

そのため選手交代もゴールキーパーに限って言えば、試合中にケガでもしない限りほとんどありません。

しかしながら、ゴールキーパーは一つのミスによってそのまま失点につながってしまう大事なポジションです。

体力的な消耗が少ない分、精神的なプレッシャーがすごいポジションだと言えるでしょう。

パンダモくん
パンダモくん
キーパーのミス=失点だから、決して気を抜けないポジションなんだ!

ゴールキーパー関連のルール

サッカーのルールは主にフィールドプレイヤーのためにありますが、中にはゴールキーパーだけのためにあるルールもあります。

先ほどのペナルティエリア内だけでしか手を使えないというのもその一つです。

以下はゴールキーパー関連のルールになります。

  • キーパーはチーム内で必ず一人置かなければならない
  • ゴールキーパーへの接触は厳しくファウルになる
  • 味方からのパスは手を使ってはいけない(バックパス)

それでは順番に説明していきます!

キーパーはチーム内で必ず一人置かなければならない

まずゴールキーパーは、必ずチーム内で一人置かなければいけません。

通常フィールドプレイヤーが試合中にケガをすると、治療時間がもったいないために担架で外に運び出されて試合が再開されます。

ところがゴールキーパーの場合には、治療が終わるまで試合が再開されることはありません。

パンダモくん
パンダモくん
『しめしめ・・・キーパーが治療中に得点しちゃおう』なんて通用しない!

ゴールキーパーへの接触は厳しくファウルになる

サッカーは足で行うスポーツになるため、相手との多少の接触プレーは許容範囲内です。

ところがゴールキーパーに対しての接触は厳しくなっています。

相手選手がキーパーと接触して倒れようものなら、たいていは相手選手のファウルとなります。

パンダモくん
パンダモくん
ゴールキーパーは大事なポジションだからルールで守られているんだ!

ただし手を使えなくなるペナルティエリア外になってしまうと、フィールドプレイヤーと同じ扱いになってしまうので注意が必要です。

味方からのパスは手を使ってはいけない

ゴールキーパーの特殊なルールで、味方からのパスは手を使って取ってはいけないルールがあります。

これをバックパスと言って反則になります。

ペナルティエリア内であっても、味方からのパスは足を使って処理する必要があります。

ただし以下のような場合には、キーパーは手を使ってボールを取ることができます。

  • 意図的なパスではなく、味方の足に触れてしまっただけの場合
  • 味方が足ではなく、頭や体を使ってパスをした場合
パンダモくん
パンダモくん
相手選手が近くにいるときのキーパーへのパスはリスクを伴うよ!要注意!
  • キーパーはチーム内で唯一手を使うことができるポジション
  • キーパーは専門職になり、フィールドプレイヤーとは別扱い
  • キーパーだけの特別なルールも存在している