サッカーの基本ルール

フリーキックをわかりやすくゼロから説明するよ!

サッカーはスポーツなので様々なルールが存在します。

そのルールを破る反則のことをファウルと言います。

そしてファウルによって一旦止まった試合は、フリーキックによって再開されることになります。

ここではフリーキックについて見ていきましょう。

パンダモくん
パンダモくん
フリーキックは得点が生まれるきっかけになるんだ!試合中必ずあるから要チェック!

フリーキックはファウルされたときに与えられる

サッカーではやってはいけない反則をファウルだとお伝えしました。

ファウルには次のようなものがあります。

  • 相手を激しいタックルで倒す
  • 相手のユニフォームを引っ張る
  • キーパー以外がボールを手で触る

このようなファウルがあると、レフェリーはホイッスルを鳴らして一旦プレーを止めます。

その後プレーを再開することになりますが、ここで行うのがフリーキックです!

パンダモくん
パンダモくん
フリーキックは名前の通り、自由に蹴ること(フリー+キック)ができるんだ!

フリーキックについてざっくりと説明します。

  • ファウルがあった地点からフリーキックで再開される
  • キッカーは相手に邪魔されることが一切ない
  • キッカーはシュートや味方へのパスなど何でもOK
  • ただしキッカーがそのままドリブルはNG

キッカーは一度蹴ったら他の選手が触るまでボールに触ることができません。

そのため事実上キッカーが、そのままドリブルすることは不可能となっています。

なおサッカーでは、フリーキックから直接ゴールが生まれると名プレーとして称えられます!

ファウルからフリーキックまでの流れをまとめると次のようになります。

  1. 選手がファウルをする
  2. レフェリーが一旦プレーを止める
  3. ファウルがあった場所にボールをセット
  4. ファウルされた相手のチームのフリーキックで試合再開
パンダモくん
パンダモくん
やりすぎなファウルにはイエローカードかレッドカードが出るから要注意!
サッカーのイエローカードはどんなときに出されるの?サッカーでは試合中に反則行為をすると、レフェリーによって試合を止められて注意されます。 そのときにレフェリーからファウルをした選手...

ただしサッカーでは、ペナルティエリア内のファウルはフリーキックではなくPKになってしまいます。

ペナルティエリア外のファウルは全てフリーキックで再開する

このように覚えておくとわかりやすいでしょう。

PKってなに?PK戦のルールはどういうもの?サッカーでは試合時間が90分行われますが、決着がつかなければ前半15分・後半15分の延長戦が行われます。 https://...

フリーキックは大きく分けて2種類ある

フリーキックは必ず相手選手に邪魔されずに自由に蹴ることができます。

そこは変わらないのですが、細かくいうとフリーキックには2種類があります。

  1. 直接フリーキック
  2. 間接フリーキック

それでは順番に説明していきます!

直接フリーキックとは?

フリーキックの一つ目は、直接フリーキックです。

直接フリーキックは、直接ゴールを狙うことが許される

ファウルされた場所によっては、相手ゴールに近い位置になる可能性もあります。(ただしペナルティエリア外)

そのときにはフリーキックで直接ゴールを狙うことも許されます。

パンダモくん
パンダモくん
直接フリーキックからのゴールもサッカーの醍醐味だよ!ボクはへたくそだからムリだけど!

直接フリーキックは、以下のようなファウルがあった場合に行われます。

  • 身体的接触を伴うファウル
  • 悪質で危険なファウル
  • スポーツマンシップに反する行為

試合中に起こるファウルの多くはこれらが該当するため、ほとんどが直接フリーキックとなります。

パンダモくん
パンダモくん
サッカー初心者は『ファウル=直接フリーキック』って覚えれば問題ないよ!

間接フリーキックとは?

フリーキックのもう一つは、間接フリーキックです。

「間接フリーキックって初めて聞いた!」

このような方も多いのではないでしょうか。

実際のところ、直接フリーキックとほとんど変わりがありません。

大きな違いは以下の2点くらいです。

  1. 直接ゴールを狙うことが許されない
  2. 決まったファウルのときだけ間接フリーキックになる

キッカーは直接ゴールを狙うことができないため、ゴールを狙うときには必ず誰かを経由する必要があります。

また以下は、間接フリーキックになるときのファウルです。

  • ゴールキーパーに対するファウル
  • ペナルティエリア内でキーパーが6秒以上ボールを持つ
  • バックパス(味方からのパスをキーパーが手で触る)
  • レフェリーの裁定に文句を言ったとき
  • 身体的な接触を伴わないファウル

基本的には、直接ゴールを狙う位置からのフリーキックにはなりません。

そのためサッカー初心者の方であれば、『フリーキック=直接ゴールを狙える』という認識で問題ありません。

ただし時々ペナルティエリア内のファウルで間接フリーキックになることがあります。

このような感じです!

このようなゴールに近い状況でも、間接なのでキッカーは直接ゴールを狙うことができません!

パンダモくん
パンダモくん
隣にいる選手がちょっとだけ触って味方にパスするんだ!そうすれば直接ゴールを狙ってOK!

フリーキックの知っておきたいルール

最後に知っておきたいフリーキックのルールについてご紹介します!

フリーキックもルールが細かいので、必要なものだけざっくりとお伝えします。

以下はフリーキックに関するルールです。

  • ゴールが近いときに相手チームは壁を作ることができる
  • 相手チームの選手はキッカーから10ヤード以上離れる
  • フリーキックでのフェイント(蹴るマネ)は認められている
  • オフサイドの反則は適用される

フリーキックではよく、相手選手がゴールを守るために壁となることがあります。

この壁は相手チームが自由に作ることができます。

ただしボールから10ヤード(約9m)離れなければいけないので、そこはレフェリーからチェックされます。

パンダモくん
パンダモくん
壁になるのは怖いんだよ!文字通り体を張ってゴールを守っているんだ!

この壁を通り抜けてゴールが決まったら、『芸術的フリーキック』として称賛されます!

  • ファウルがあったときの再開方法はフリーキックになる
  • フリーキックには直接と間接の2種類がある
  • 相手チームの選手はボールから10ヤード以上離れる必要がある