サッカーの基本ルール

守りの専門『ディフェンダー』の詳しい役割を説明するよ!

サッカー選手の役割とも言えるポジションには、以下の4つがあります。

  1. フォワード・・・得点を取る役割
  2. ミッドフィルダー・・・中央で攻守の要となる役割
  3. ディフェンダー・・・守って相手の得点を防ぐ役割
  4. ゴールキーパー・・・唯一手を使って最後の砦となる役割

これらのポジションの基本については以下の記事をご覧ください!

サッカー選手の試合中の役割をざっくり説明するよ!サッカーを観る上で欠かせないものにポジションがあります。 ポジションというのはざっくり言うと、選手の役割を表しています。 こ...

ポジションは大きく分けるとこれらの4つに分類されるのですが、実は各ポジションもさらに細かく分かれていきます。

ここではディフェンダーのポジションをさらに細かく分類して見ていきましょう!

パンダモくん
パンダモくん
ディフェンダーは細かく分けても簡単だよ!

なおその他の各ポジションの詳細については以下をご覧ください。

点取り屋『フォワード』の詳しい役割を説明するよ!サッカー選手の役割とも言えるポジションには、以下の4つがあります。 フォワード・・・得点を取る役割 ミッドフィルダー・・・中...
攻守の要『ミッドフィルダー』の詳しい役割を説明するよ!サッカー選手の役割とも言えるポジションには、以下の4つがあります。 フォワード・・・得点を取る役割 ミッドフィルダー・・・中...
最後の砦『ゴールキーパー』の詳しい役割を説明するよ!サッカー選手の役割とも言えるポジションには、以下の4つがあります。 フォワード・・・得点を取る役割 ミッドフィルダー・・・中...

ディフェンダーは2つに分類される

ディフェンダーと言えば、主にチーム内で相手の得点を防ぐ役割になります。

いくら味方がたくさん得点を取ったとしても、同じだけ相手に取られていては意味がありません。

そういった意味でもディフェンダーは、ミスが許されないポジションになります。

パンダモくん
パンダモくん
ディフェンダーは減点方式で評価されるんだ!いくら良い仕事をしても、致命的なミス一つで評価が急落・・・

そしてディフェンダーは主に以下の2つの役割に分けられます。

  • センターバック
  • サイドバック(ウイングバック)

それでは順番に説明していきます!

センターバック

センターバックとは、ディフェンダーの中でも中央で守るポジションのことです。

フィールドプレイヤー(ゴールキーパー以外)では最も自軍ゴールの近くにいるため、守りのスペシャリストでもあります。

そんなセンターバックの特徴は以下のようになっています。

  • 相手フォワードと競り合うために体の強さ(フィジカル)が不可欠
  • 空中戦でも相手に負けないために、身長の高い選手は有利になる
  • セットプレーなどでは時にゴール前で得点を狙う
パンダモくん
パンダモくん
センターバックはとにかく体がゴツい!

特に海外を見ると、センターバックは180cm後半以上の選手は普通にいます。

というのも相手フォワードがもし188cmとかだった場合、センターバックが170cmくらいだと、ヘディングで相手にゴールを入れられてしまうからです。

そういう意味で、センターバックにはまず相手選手にパワーやフィジカルで負けないだけの体が必要です。

パンダモくん
パンダモくん
ちなみに日本代表では吉田麻也選手が189cm、冨安健洋選手が187cm、植田直通選手が186cmでとにかく大きい!

また相手に競り負けない強さがあるということは、それを今度は攻撃でも活かすことができます。

特にセットプレー(コーナーキックやフリーキック)では、そのときだけヘディングでゴールを狙うためにセンターバックが攻撃参加することもあります。

普段は守りに徹しているセンターバックですが、状況に応じて攻撃参加でチームを助けることもあります。

サイドバック

ディフェンダーのもう一つの役割はサイドバックです。

センターバックが中央だったのに対して、サイドバックは左右の守備を担当しています。

そしてサイドバックの特徴は以下のようになっています。

  • 主にサイドの守備を担当する
  • サイドからの攻撃参加もあるため、スピード、ドリブルスキル、スタミナも求められる

主にサイドの守備を担当するサイドバックですが、センターバックとは違って常時攻撃参加をすることです。

というのも最近のサッカーではサイド攻撃を使うことが多く、サイドバックが攻撃に加わることで人数面で有利になるからです。

そのためセンターバックには求められなかったスピードやドリブルなどのスキルも必要とされます。

ただしセンターバックはとにかく大きな選手である必要がありましたが、サイドバックはヘディングの回数が少ないため小柄な選手も結構います。

パンダモくん
パンダモくん
ちなみに日本代表では長友佑都選手が170cmで活躍しているよ!

またサイドバックは必ず左右両方にいますが、選手によっては右サイド専門や左サイド専門などがあります。

右と左でサイドが異なることによって、キックをするときに右足なのか左足なのかが変わってきます。

そのため自分の利き足などによって、同じサイドバックでも右や左などの専門が分かれていることもあります。

パンダモくん
パンダモくん
左右両方のサイドバックができる選手は重宝されるよ!

その他(スウィーパー・リベロ)

サッカーにおけるディフェンダーは、主にセンターバックとサイドバックなのですが、稀にその他のポジションも出てくるため簡単に触れておきます。

そのポジションはスウィーパーやリベロです。

スウィーパーもリベロも守備の位置はゴールキーパーの目の前になります。

スウィーパーとリベロの違いは以下のようになっています。

  • スウィーパー・・・誰よりも自軍ゴール前にいて守備専門に徹する
  • リベロ・・・自軍ゴール前にいながらも攻撃参加をしたりする
パンダモくん
パンダモくん
スウィーパーは『掃除人』という意味で相手の攻撃を潰す役割があるんだ!リベロは『自由人』という意味があって、攻撃も守備も両方やる選手のことを言うよ!

ただしこれらは最近ではほとんど起用されることがないポジションになっているので、なんとなく知っておくだけで十分です。

  • センターバックは相手のフォワードと対峙する守備が専門になるものの、セットプレー時には攻撃参加することもある
  • サイドバックはサイドの守備を専門にしながらも、常時攻撃参加を行うことになる
  • 戦術によってはスウィーパーやリベロが置かれることもある