サッカーの基本ルール

サッカーで勝敗を決定するアウェイゴールってなに?

サッカーの試合では主にリーグ戦トーナメント戦の2つのタイプがあります。

  • リーグ戦→総当たり形式
  • トーナメント戦→勝ち抜き形式

リーグ戦の場合には、引き分けでも勝ち点がもらえるため延長戦がありません。

しかしトーナメント戦の場合、絶対に勝敗を決める必要があるため延長戦があります。

そんなトーナメント戦で勝敗を決定するルールにアウェイゴールがあります。

そこで今回は、サッカーにおけるアウェイゴールのルールについて説明していきます!

パンダモくん
パンダモくん
ちなみに自チームのスタジアム開催をホーム、相手チームのスタジアム開催をアウェイって言うんだ!

トーナメント戦における2つの試合形式

アウェイゴールの説明の前に、まずサッカーでのトーナメントにおけるルールを簡単に説明します!

サッカーのトーナメントには主に2つの試合形式があります。

  1. 中立地で一発で決着をつける形式
  2. ホームとアウェイで戦って決着をつける形式

それではそれぞれ説明していきます!

中立地でのトーナメント戦

まず一つ目のトーナメント戦は中立地で戦う場合です。

中立地というのは、お互いのチームのどちらにも属さないスタジアムで戦うことを言います。

次のような大会でよく用いられる形式です。

  • ワールドカップ
  • EURO(欧州選手権)
  • アジアカップ

これらはサッカーでも大規模な国際大会です。

共通しているのが、開催地が事前に決まっているということです。(ちなみに2022年W杯はカタール開催)

そのため優勝を決める決勝トーナメントに進出した国同士は、全て中立地での試合となります。(開催国を除く)

このような中立地でのトーナメントの場合には、1試合だけを戦って勝敗を決めることになります。

パンダモくん
パンダモくん
ワールドカップの決勝トーナメントは全て一発勝負!だからいつもハラハラするんだ!

ホーム&アウェイのトーナメント戦

一方でサッカーのトーナメントの中には、ホームやアウェイで戦う場合もあります。

しかしこの場合、どちらか一方のスタジアムで一発勝負になったらアウェイのチームはどう思うでしょうか?

アウェイのチーム「相手のホームで戦ったんだから、うちのホームでも戦わせてよ!」

ということでフェアに行うために、ホームとアウェイで1試合ずつ戦うことになります。

これをホーム&アウェイ方式と言います!

ホーム&アウェイ方式では、2試合戦った合計得点で勝敗を決める

ちなみにこのホーム&アウェイ方式を採用するのは、クラブチームのトーナメントに多いです。

例えば以下のような大会です。

  • UEFAチャンピオンズリーグ(決勝戦を除く)
  • AFCアジアチャンピオンズリーグ
  • ルヴァンカップ
パンダモくん
パンダモくん
クラブチームはみんなスタジアムを持っているんだ!だからお互いに1試合ずつ戦った方がフェアになるよね!

アウェイゴールってなに?

ここまではトーナメントの2つの試合形式について説明してきました。

  • 中立地→一発勝負で決着をつける
  • ホーム&アウェイ→2試合合計の得点で決める

ところがホーム&アウェイで1試合ずつ戦って、合計得点が同点だったらどうなるのでしょうか?

例えばAチームとBチームがホーム&アウェイで2試合戦ったとします。

第1戦:Aチーム(ホーム) 2-0 Bチーム(アウェイ)
第2戦:Bチーム(ホーム) 0-1 Aチーム(アウェイ)

このような場合には、合計得点3-0でAチームが2勝しているため、どちらが強いのか一目でわかります。

ところが次のような場合はどうでしょうか?

第1戦:Aチーム(ホーム) 2-0 Bチーム(アウェイ)
第2戦:Bチーム(ホーム) 3-1 Aチーム(アウェイ)

合計得点が3-3になっているため、どちらが強いか一目で判断できません!

このような場合にはアウェイゴール方式が採用されます!

アウェイゴールとは、2試合合計が同点だった場合、アウェイで多く点数を取ったチームを勝ちとするルール

今回の試合結果をアウェイゴールで見てみましょう。

  • 第1戦:Bチーム アウェイゴール0点
  • 第2戦:Aチーム アウェイゴール1点

ということでこの勝負は合計得点が3-3の同点でも、アウェイゴールによってAチームの勝ちとなります。

パンダモくん
パンダモくん
ホーム&アウェイ方式では、ホームでいかに相手のアウェイゴールを0点に抑えるかが重要なんだ!

アウェイゴールが同じ場合は延長戦

ではもし次のような場合だったらどうなるでしょうか?

第1戦:Aチーム(ホーム) 2-1 Bチーム(アウェイ)
第2戦:Bチーム(ホーム) 2-1 Aチーム(アウェイ)

  • 合計得点:3-3
  • アウェイゴール数:1-1

この場合にはアウェイゴールの適用ができません。

このようなケースでは、2試合の合計で決着がつかなかったとして延長戦が実施されます。

さらに延長戦でも決着がつかなければPK戦となります。

PKってなに?PK戦のルールはどういうもの?サッカーでは試合時間が90分行われますが、決着がつかなければ前半15分・後半15分の延長戦が行われます。 https://...
パンダモくん
パンダモくん
2試合目終了時に決着がつかなければ延長戦!ってことは第2戦がホームだと少しだけ有利になるね!

ちなみに現在のサッカーのルールでは、延長戦が行われれば自動的に30分戦うことになってしまいます。(延長前半15分+延長後半15分)

そのため選手はなんとか第2戦で決着をつけようと必死になります

サッカーで行われる延長戦のルールはどういうもの?サッカーでは試合時間が前半45分・後半45分で、1試合90分と決まっています。 その間になるべく多くの得点を取ることが必要です。 ...
パンダモくん
パンダモくん
試合に負けているのに選手が時間稼ぎしているのはなんで?それはたぶんアウェイゴールで勝っているから!
  • ホーム&アウェイ方式の合計得点が同じ場合にはアウェイゴールが適用される
  • もしアウェイゴールも同点だった場合には、そのまま延長戦に突入する