オフサイドトラップ
Sponsored Link

オフサイドトラップ

 

サッカー独自のルールとして、オフサイドがあります。オフサイドラインよりも前線にいるときに、味方からパスを受けるとオフサイドになり、相手ボールになってしまいます。せっかくのチャンスを潰してしまうため、オフサイドにならないように気をつけなければなりません。

 

このルールは、相手ゴール前に選手を配置して、待ち構えていることを防ぐためにあります。このオフサイドを使って、ディフェンダーがラインを動かすことで、わざと相手選手をオフサイドにしてしまうことをオフサイドトラップと言います。トラップは日本語で罠になるので、オフサイドを使って罠を仕掛けるということです。これはサッカーでよく使う戦術の一つです。

 

先ほどから出てきていますが、オフサイドにはラインが存在します。ゴールキーパーを含めて、後ろから2人目の選手がオフサイドラインになります。キーパーは基本ゴール前にいるため、普段は一番後ろにいるディフェンダーの位置が、実質オフサイドラインになります。

 

つまりディフェンダーが動けば、自動的にオフサイドラインも動くことになります。もし一番後ろにいるディフェンダーの選手が変われば、ラインも変わることになります。このオフサイドラインを上げたり下げたり動かしながら、相手をオフサイドにしていきます。これをラインコントロールと言います。

 

オフサイドはパスが出た瞬間を狙って、ディフェンスラインを押し上げて、相手選手を置き去りにします。相手もオフサイドエリアにいるつもりがなくても、一瞬でラインを上げることで、オフサイドエリアに入ってしまいます。これがオフサイドトラップです。そのため常にラインを気にしていなければなりません。

ラインの上げ下げは、ディフェンダー同士の連携で成り立っています。全員のタイミングを合わせてオフサイドラインを押し上げて、相手の選手をオフサイドラインに置き去りにしなければなりません。

危険なのがラインを上げたと思っていても、たった一人でもディフェンダーが残っていると、ラインが上がらずにオフサイドが成立しなくなります。4バックであれば、4人の連携が重要になります。この連携のために長時間練習をしています。

そのためオフサイドトラップを狙っているチームは、ディフェンダーがなるべく一列に並ぶようにします。ラインが揃っていると、統率しやすくなり、オフサイドを取りやすいからです。たいていはセンターバックの選手がリーダーで、ラインの上げ下げを行います。

 

 

またラインを上げるとプレーエリアがコンパクトになります。選手間の距離が近づき、短い距離を走ることになるため、守備が楽になります。しかしだからと言って、むやみにラインを上げ過ぎると、ディフェンダーの背後に大きなスペースができてしまいます。

 

オフサイドエリアでは、直接パスを受けることはできませんが、サイドからドリブル突破して、切り込まれればピンチになり、ディフェンダーも戻らざるを得ません。マイナスボールもオフサイドにならないため、センタリングを上げることもできます。

 

またパスを出すと同時に、2列目から別の選手が飛び出してくるとオフサイドにはなりません。これもオフサイド攻略の一つです。1人がオフサイドラインにいても、後方から別の選手が出てきてパスを受ければ、オフサイドにはなりません。オフサイドポジションにいても、プレーに関わらなければ問題ないからです。

Sponsored Link