リトリートとフォアチェック
Sponsored Link

リトリートとフォアチェック

 

ディフェンスで使う言葉で、リトリートとフォアチェックがあります。リトリートとは、自陣深くまで下がって守備を固めることです。引いて守るとも言います。カウンター主体のチームだと、引いて守ることが多いため、守備の仕方がリトリートになります。

主に格上のチームと対戦するときに使われます。リトリートは、深い位置まで引いて守るため、守備をする時間が長くなり、ボールは相手にキープさせることになります。もちろんその分、ボールポゼッションも低くなります。

 

日本代表の試合でも、格下であるアジアの国々と対戦するときには、相手チームはゴール前を固めてくることが多いです。これはゴール前にスペースをなくすために行います。引いて守られると、日本代表は相手の守備を崩すことが難しくなってくるため、苦戦を強いられます。

 

ただし状況によっては、格上の相手だけでなく、格下の相手にリトリートをするときもあります。それは勝っているチームが、残り時間を逃げ切るときです。いわゆる守備固めとして使います。そのときにはフォワードを下げて、ディフェンダーやボランチの人数を増やすことで、守備をより強固なものにしていきます。

 

リトリートのメリットは、ゴール前に人を多く配置することで、ゴール前のスペースをなくすことです。攻めるときには、空いたスペースに味方が走り込んだりすると、一気にピンチになってしまいます。そのため守備のときは、相手に余分なスペースを与えないことが大事になってきます。

 

リトリートを行う上で注意したいのが、あまりにも守備を下げすぎると受け身になってしまうことです。サッカーではゴールを決めないと試合には勝てないため、0-0では意味がありません。そのためボールを奪う意識を持ちながら、相手にプレッシャーをかけていく必要があります。

 

また下がり過ぎてマークをきっちりしないと、相手が自由にプレーをしてしまいます。少し離れたところからミドルシュートも打たれてしまいます。マークをきっちり行うようにしなければなりません。

 

 

フォアチェック
リトリートが引いて守りを固めることに対して、フォアチェックは、前線からボールを取りに行くことを言います。相手にどんどんプレッシャーをかけながら、パスコースを限定させて、狭いエリアに追い込んでいきます。

ボールを取られた後、引いて守るのではなく、自陣まで戻らずにそのまま前線から高い位置でプレッシャーをかけて、相手のボールを奪いにいきます。フォアチェックは高い位置でのプレッシングのことなので、ハイプレスと言われることもあります。

 

このプレッシャーをかけるのが、守備では大事になってきます。もしプレッシャーがなければ、相手の選手は自由にプレーしてしまいます。当然ですが、相手の思い通りにさせてはいけません。そのために相手に対して、どんどんボールを奪いにいく必要があります。

 

またプレッシャーは精神的にも追い込めます。ボールを持っている選手に対して、複数人でプレッシャーをかければ、そのまま奪えるか、または奪われるくらいならとどこかに蹴るなどしてしまいます。

 

つまり相手にプレッシャーをかけてミスを誘ったり、プレーを遅らせたりします。相手を狭いエリアに追い込み、逃げのパスを出させて、精神的にも有利に立つことができます。

 

ちなみにフォアチェックと似たような戦術で、前線の高い位置で守りながら、ボールを奪いにいかないことをディレイと言います。これは相手の攻撃を遅らせて、時間を稼ぐことに意味があります。

 

例えば攻撃していてボールを奪われると、守備が整う前にカウンターを狙われて、一転してピンチになってしまいます。そんなときには、ボールを持っている選手にプレッシャーをかけて、相手の進行方向をふさいで、自由にさせないようにします。

 

そうすると相手は、プレッシャーを嫌がり、後ろにいったんパスを出したりします。そうして味方が時間を稼いでいる間に、ディフェンダーは戻って守備を整えます。

 

ディレイはボールを奪うというよりも、マークだけをしてプレッシャーをかけたり、ロングパスをブロックしたりして、プレーを遅らせることが目的です。守備が整っていないときなどに、時間を稼ぎたいときには有効な手段です。

 

Sponsored Link