カウンターアタック
Sponsored Link

カウンターアタック

 

ゴール前に選手を固めて守備を行い、ボールを奪ったらすぐに前線に送ることを、カウンターアタックと言います。カウンターのメリットは手数をかけずに攻めることができることです。特に格上の相手のときに使われます。

 

格上の相手だとショートパスをつないで攻めても、相手の守備が一枚上手のため、すぐにボールを奪われてしまいます。そこで手数をかけることなく一気に攻める必要があります。カウンターの場合、攻めるチャンスが多くありません。そのため数少ないチャンスをものにできるかが重要です。

 

ちなみに深く守って、ボールを奪ったら一気に攻めるカウンタースタイルを、ロングカウンターと言います。自陣深くまで下がってブロックを作って守り、相手を自陣に引き込みます。ボールを奪ったら、相手の背後のスペースにロングボールを蹴って一気にゴールに向かうのが、ロングカウンターです。

 

自陣ゴール前に人数を割いても、1人、2人ほどはボールを奪ったらすぐに攻撃できるように、前線に選手を残しておく必要があります。また少ない人数で攻めるため、前線の選手にはスピードやドリブル技術が重要です。特に足が速い選手がいると、より短時間で相手のゴール前まで攻めることができるため、カウンターが成功しやすいです。

 

しかし最近ではカウンターだと、ショートカウンターが多く用いられています。ロングは深い位置で守備を固めましたが、ショートの場合は、相手陣地のできるだけ高い位置でボールを奪い、そのままゴールを目指します。

 

 

ロングカウンターの場合は、低い位置でボールを奪っていたため、相手ゴールまでの距離がかなりありました。そうすると、守備から攻撃までにかなり時間がかかります。しかも選手は長い距離を走らなければなりません。

 

しかし高い位置でプレッシングを行い、ボールを奪えば、すぐにゴールを狙えます。ボールを取られたらすぐに全員でプレッシングを行うことで、攻めるための守備になるため、相手に休む隙を与えません。

 

ショートカウンターは、高い位置でボールを狙いにいくため、組織的なディフェンスと攻守の切り替えの速さが重要です。全員でボールを奪いに行くときに、誰かがサボっていると、そこだけ穴が開いてしまいます。プレッシングが成り立ちません。

 

ただし高い位置でプレッシングをすると、休むヒマがないため、スタミナの消費が激しくなります。攻撃も守備もずっと走りっぱなしです。世界的な監督のモウリーニョが、プレッシングを行う指示を出すときには、選手は攻撃のときに休むそうです。

 

守備のときは高い位置で、全力でプレッシングを行い、ボールを奪うとゆっくりキープしながら休むそうです。ボールをキープしている間は攻められることはないため、選手もなるべくボールをキープしようとします。90分間全力で走り続けることができる選手はいないため、走るときと休むときのメリハリが必要です。

 

Sponsored Link