オフサイドを理解する
Sponsored Link

オフサイドを理解する

 

サッカーで難しいルールの一つに、オフサイドというものがあります。最初は複雑に感じるため、サッカー初心者にとっては理解しにくいのかもしれません。またこのオフサイドは、サッカー独特なルールのため、他のスポーツでは存在しないことも、理解されていない理由の一つかもしれません。

 

オフサイドを簡単に説明すると、相手のゴール前に選手を置いて、待ち伏せすることはできないルールです。守備をしているチームがボールを奪ったときに、相手ゴール前にいる味方選手にロングパス一本で送って、そのままゴールを決めることはできません。この本質を理解した上で、話を聞くとわかりやすくなります。

 

相手ゴール前で待ち伏せをしてはいけないと言いましたが、具体的に説明すると、フィールド上にはオフサイドラインが存在します。そのラインよりも前線にいて、味方選手からパスを受けるとオフサイドになってしまいます。

オフサイドラインよりも前にいること自体はファウルではありません。オフサイドラインよりも前にいて、味方選手からパスを受けることがダメなのです。そのためオフサイドラインを自分でドリブルして突破することは、全く問題ありません。

 

オフサイドはパスを出すとき(受けるとき)のファウルです。ゴール近くにいる味方にパスを出そうと思って、ボール蹴った瞬間に、その味方選手がオフサイドラインよりも前にいるか後ろにいるかで決まります。

 

つまりフォワードなど、相手ゴール前でボールを受けたい選手は、常にオフサイドラインのことを気にしなければなりません。もしオフサイドラインよりも前でボールを受けてオフサイドになってしまうと、相手ボールになってしまいます。その結果、チャンスを一つ潰すことになります。

 

先ほどからよく出てくるオフサイドラインですが、それはどこにあるのかが重要です。タッチラインやゴールラインと違って、白線が引かれているラインではありません。相手選手の位置が、そのままオフサイドラインになります。

 

具体的には、ゴールキーパーを含めて後ろから2人目の選手がオフサイドラインになります。試合中は、ゴールキーパーは常に一番後ろにいることを考えると、実質ディフェンダーの一番後ろの人がオフサイドラインになります。

サッカー初心者の人がオフサイドを理解できないのは、オフサイドラインは目に見えないものだからです。しかも一番後ろのディフェンダーがラインになるため、その選手が動けば当然ラインも一緒に動くことになります。

 

もし一番後ろのディフェンダーがA選手だった場合、状況によってはB選手が一番後ろになることもあります。そうするとB選手にオフサイドラインが移ります。

 

そのオフサイドラインに少しでもはみ出すと、ファウルになってしまいます。足や頭だけはみ出てもオフサイドです。一瞬の出来事になるため、主審の位置からは判断しにくいのです。そこでタッチラインのところにいる旗を持った副審が、真横から見て判断することになります。普段は旗を下ろしていて、オフサイドになると旗を上げて主審に知らせます。

 

オフサイドラインは動くというお話をしましたが、副審もラインに合わせて常に動いています。真横から見ないとラインからはみ出しているのか確認が難しいため、一緒に動く必要があるのです。このオフサイドを判断することが副審の大きな仕事と言えます。

 

 

オフサイドにならないことがある
以上がオフサイドに関する説明でしたが、一部オフサイドにならない例外もあります。それも理解しておくと、より一層オフサイドに対しての理解が深まります。全部で4つあるため、それを一つずつ説明していきます。

 

 

1.相手の陣地内でしか適用されない
オフサイドは相手の陣地でしか適用されません。例えば、相手の選手が全員で攻めてきて、こちらの陣地にいるとします。そこを味方がボールを奪って、オフサイドラインよりも前にいる自分の陣地内の味方選手にパスをしてもオフサイドにはなりません。

このようなルールがあるため、試合終了間際を除いて、味方が攻撃しているときでも、ディフェンダーは、最低1人か2人ハーフウェイライン付近に残るようにしています。

 

 

2.マイナスボールも適用されない
オフサイドはマイナスボールにも適用されません。マイナスボールとは、自分よりも後ろにいる選手にパスを出すことです。例えば、サイドの選手がドリブルで相手陣地を駆け上がったとします。

そして中央にいる味方にパスを出すのですが、このときに味方選手の位置が、オフサイドラインよりも前にいても、パスがマイナスボールであればオフサイドは適用されません。サイドからのロングパス(センタリング)はサッカーでかなり使われるので、このルールは覚えておいた方がいいです。

 

 

3.プレーに関わらなければオフサイドにならない
オフサイドラインよりも前に味方選手がいて、その選手にパスを出せば当然オフサイドになります。しかし違う味方選手にパスを出せば、その選手にはオフサイドは適用されません。このルールを使えば、味方選手をおとりにすることができます。例えばオフサイドラインよりも前に選手がいると、相手の選手はその選手に目がいってしまいます。

そこに違う味方選手がオフサイドラインギリギリから飛び込んでボールを受ければ、それはオフサイドにならないため、大きなチャンスになります。そのためディフェンダーは、相手の選手がどこにいるのか常に把握しておかないと、一瞬の隙をついて裏を取られてしまうので、注意が必要です。攻撃側は、プレーに干渉しなければ、ただいるだけならオフサイドにはならないということです。

 

 

4.ゴールキック、スローイン、コーナーキック
ゴールキック、スローイン、コーナーキックから直接ボールを受けた場合は、オフサイドになりません。ただしフリーキックはオフサイドになるため、相手のオフサイドラインを見ながら、それよりも前にいてはいけません。そこは相手ディフェンダーとの駆け引きとなります。

 

Sponsored Link