フリーキックは得点チャンス
Sponsored Link

フリーキックは得点チャンス

 

試合中に相手選手からファウルを受けると、再開はファウルを受けたチームからになります。ファウルを受けた場所にボールをセットして、キッカーは相手に邪魔されることなく、自由に蹴ることができます。これをフリーキックと言います。

 

自分のフィールドでも、相手のフィールドでもファウルからの再開はフリーキックになりますが、相手のフィールドだとゴールまでの距離が近いため、得点のチャンスが生まれやすくなります。キッカーの一蹴りで、一気に相手ゴール前までボールを運ぶことができるので、フリーキックからは多くの得点が生まれています。

 

あまり知られていないのですが、フリーキックには2種類存在します。直接フリーキックと間接フリーキックです。この違いを理解すると、サッカーについてより詳しい知識が得られます。

 

まず直接フリーキックとは、キッカーが蹴ってそのままゴールを決めることができることを言います。試合を見ていると、1試合で何度もフリーキックが行われますが、そのほとんどは直接フリーキックになります。

 

相手選手のスライディングやタックルなどの接触プレー、フィールドプレイヤーのハンドなどのファウルは、全て直接フリーキックとなります。例えば相手を蹴る、相手を抑える、飛びかかる、つまずかせるなどは全てそうです。

 

直接フリーキックはそのままゴールを決めることができるため、ゴールから近いところからのフリーキックは、キックが上手い選手だと、直接ゴールを狙っていきます。遠いところだと高いボールのパスをゴール前に送って、味方がヘディングを狙います。

 

ちなみにフリーキックとコーナーキックのことを合わせて、プレースキックと言います。プレースキックとは、地面にボールをセットした状態からキックをすることです。プレースキックの精度が高く、得意な選手のことをプレースキッカーと言います。チームに1人いるだけで、チャンスが大きく広がります。

 

この直接フリーキックですが、相手ゴール前のペナルティエリア内でファウルを受けると、フリーキックがPKに変わります。そのため、ディフェンダーはペナルティエリア内のファウルにはとても慎重になります。

 

一方の間接フリーキックとは、直接ゴールを決めることができず、必ず他の選手を介さなければなりません。直接と間接を見分けるポイントは、ファウルの内容となります。例えば、接触プレーだと直接フリーキックになりますが、ゴールキーパーのファウルだと、間接フリーキックになります。

 

キーパーがボールを6秒以上手で持っていた、味方からのバックパスに手を使った、味方からのスローインに手で触れたなどのファウルは全て間接フリーキックとなります。キーパーのファウルは間接フリーキックになると言っても、キーパーが相手選手にタックルをしてファウルになった場合は、直接フリーキックになります。これは接触プレーでのファウルだからです。

 

キーパー以外のファウルで間接フリーキックになる例だと、相手の近くで足を上げる、または反対に相手が蹴ろうとしているところに、ヘディングをしてはいけません。これはどちらも頭と足がぶつかる可能性があり、危険なプレーだからです。そのため頭と頭と、足と足が接触プレーでの基本となります。

 

その他には当たっていないのに、わざと倒れてファウルをもらうことをシュミレーションと言いますが、これも間接フリーキックになります。シュミレーションは汚いプレーですが、サッカーではよくあるプレーです。ちなみに審判を欺いたということで、イエローカードの対象になります。

 

間接フリーキックの場合、相手のペナルティエリア内でファウルがあっても、PKにはなりません。PKはあくまでも直接フリーキックの場合だけです。相手ゴールから近いペナルティエリア内であっても、間接フリーキックになります。

 

ゴールはすぐ目の前でも、通常のフリーキックと同様に行います。ただしゴールが近いからといっても、間接フリーキックだとそのままゴールは決められないため、味方選手を介してゴールを狙わなければなりません。ここが直接フリーキックとの大きな違いです。

 

 

 

 

守備チームは壁を作ることができる
フリーキックで守備チームは、相手選手の邪魔をすることはできません。しかし守備側の選手が一列に並んで壁を作ることができます。これは試合を観ていると、一度や二度は必ずある光景です。

 

 

この壁の役目ですが、直接フリーキックはそのままゴールを狙うことができます。またゴール前にパスを送って、味方選手に合わせることができます。フリーキックではキッカーの邪魔をすることはできませんが、代わりにこういった相手選手のシュートやパスコースを塞ぐために壁を作ります。

 

ただしフリーキックのたびに毎回壁を作らなければならないわけではなく、ゴールから遠い位置であれば作ることがありません。また壁として選手を何人置くのかは、チームの自由です。フリーキックの位置によって2人だったり、5人以上だったりします。

 

ただしルールとしては、相手選手はキッカーから9.15m以上離れなければなりません。最近だと主審が出てはいけない線として、バニシングスプレーで白線を引くことがあります。壁になっている選手は、蹴る前にキッカーに向かって飛び出てはいけません。ただしその場でジャンプすることは問題ないので、壁の高さで対抗しようとします。

 

ゴールからペナルティエリア付近だと、守備チームは5人、6人ほど壁を作ります。壁には大きい選手がなることが多いため、190cm以上ある選手が並ぶこともあります。しかもその選手が、蹴ると同時にジャンプするため、壁の高さは2mを越えてくることもあります。その高い壁を越えてゴールを決めることが、フリーキックの醍醐味でもあります。

 

5人壁が並んでも、一人だけ身長が低い選手がいると、そこだけポッカリと穴が開いています。そのすき間を狙ってシュートをしたり、壁はジャンプするためその足元を狙って低いシュートを打ったりします。ゴール前のフリーキックではこのような駆け引きが行われています。

 

Sponsored Link