試合中のファウルは審判が判断する
Sponsored Link

試合中のファウルは審判が判断する

 

サッカーでは試合中やってはいけないことがあります。わかりやすいところでは、フィールドプレイヤーは、ボールを手で触ってはいけません。その他にもさまざまな規定があり、その都度、審判が見ながら判断していきます。このやってはいけない反則をファウルと言います。

 

サッカーは接触プレーが多いため、どこまでがファウルで、どこまでがセーフなのか、判断が難しいところです。テレビ中継で解説者が「これはファウルだろ!」と言っていることがありますが、実際のところプレーによっては、サッカーの専門家でも意見が分かれます。

 

なぜこのような明確な基準がないのかというと、ファウルを判断するのは全て主審の目で決まるからです。ルールブックはもちろんあるのですが、一瞬のプレーを人の目で判断するため、間違いも当然出てきます。そのためサッカーのファウルは、主審によってあいまいになってきます。

 

試合前にはどのチームも対戦相手を分析しますが、チームによってはどの主審が担当するのかまで調べることもあります。主審によってはファウルに厳しい人と、比較的甘い人がいるため、試合を有利に進めるためには主審の特性も理解しておかなければならないからです。

 

 

 

 

激しい接触はファウルになる
サッカーを楽しく観る人にとっては、主審がルールに厳しいかどうかは、気にしなくていいことです。そういったファウルになるギリギリのラインを知るよりも、最低限ファウルになることを知っておくだけで十分です。

 

基本的にサッカーではある程度の接触は認められています。タックルは、相手の肩に対して肩を適度にぶつけることは正当なプレーです。しかし肩からいっても相手の後ろからぶつかったり、わざと相手を押したり、相手が吹っ飛ぶほどの強いタックルはファウルになります。また空中にあるボールをヘディングしようと競り合うときに、相手の体に飛び乗ってヘディングすることもファウルになります。

 

サッカーの守備でよく使われるのが、スライディングです。滑りながら相手の邪魔をすることを言います。このスライディングのときには、直接ボールを触ればファウルにはなりません。守備が上手い選手ほど、ボールにいく正当なスライディングができます。

スライディングをした後に相手が倒れてきて、遠くから見るとファウルに見えるときも、リプレイで確認するとボールに触っていることがあります。そのときはファウルにはなりません。ファウルにならず正当にボールを奪えるのは大きいことです。

 

しかしボールを狙いにいったつもりでも、相手の足に当たってしまうことがあります。このときはファウルになってしまいます。つまりスライディングをして相手が倒れたのかどうかではなく、最初にボールに触るか、相手の足に触るかでファウルが決まると思ってください。

 

ただし後方からスライディングをすると、悪質なファウルと思われてイエローカードやレッドカードの対象になってしまいます。またスライディングのときに、足の裏を見せたときもカードの対象になります。

 

選手が履いているスパイクの裏には、スタッドが打ち込まれているため、大ケガにつながる可能性があるからです。こういった悪質なファウルは、いきなりレッドカードで退場になることもあります。

 

イエローカードは警告、レッドカードは即退場のためとても重い罰です。ちなみに1試合でイエローカードを2枚もらうと、その選手はレッドカードになり退場になってしまいます。その試合は残り時間10人で戦わなければならないため、とてもきつい戦いを強いられます。

 

ちなみにファウルをすると、相手チームのフリーキックで再開されます。もし攻撃側が、相手チームのペナルティエリア内でファウルを受けるとPKになります。そのため特にペナルティエリア内でのファウルは注意が必要です。

 

 

わざとファウルを流すこともある
主審はファウルがあるたびにホイッスルを鳴らしてプレーを一時中断します。しかし状況によっては、フリーキックよりもファウルで止めない方が、チャンスの場合があります。

 

例えば相手選手が攻撃から守備に戻る前に攻めたいときには、プレーを中断するとフリーキックはもらえますが、中断している間に相手選手も守備に戻ってしまいます。そういうときには主審も空気を読んで、わざとファウルを流すことがあります。

 

このファウルがあっても、プレーを続けた方がファウルを受けたチームの利益になると判断して、流すことをアドバンテージと言います。そのときにはプレーオンと主審は宣言します。

 

またアドバンテージをとってファウルを流した場合、その後にすぐボールを取られても、ファウルはしっかり取ってくれます。ファウルを流したがチャンスにつながらなかった場合は、数秒以内であれば巻き戻すことができるからです。

 

そしてこちらのフリーキックから再開されます。つまりアドバンテージはファウルが無かったことにはならず、あくまでもプレーを止めないだけです。もし悪質なプレーだったら、アドバンテージの後にプレーが止まったときにイエローカードが出されます。攻撃側にとってアドバンテージは、かなりありがたいルールです。

Sponsored Link