サッカーは世界中で愛されている
Sponsored Link

サッカーは世界中で愛されている

 

サッカーは世界中のさまざまな国や地域で愛されているスポーツの一つです。世界で人気No.1スポーツと言っても過言ではありません。競技人口は世界中で2億6000万人以上もいると言われています。世界的にメジャーなスポーツは他にもあるのですが、なぜこれほどまでサッカーは世界中で行われているのでしょうか。

 

その理由はボールが一つあれば、みんなでできるからです。他の球技だとボールだけではできません。野球だとボール以外にもバットやグローブが必要です。バスケットもリングが必要です。しかしサッカーはボールだけで十分です。ゴールは壁などで代用できるため、特別な道具はいらず世界中のどこでも楽しむことができます。

 

また小さい子どもからでも簡単に理解できることは、サッカーを楽しむ上で大きな特徴です。本格的に行うと細かなルールは存在しますが、ボールを蹴って相手のゴールに入れるというシンプルなスポーツのため、誰でもすぐに理解することができます。

 

またサッカーは世界共通言語とも言われますが、言葉は通じなくてもサッカーはさまざまな地域の人にも浸透しています。そのためプロのサッカー選手は自分の国以外にもさまざまな国へ行って活躍しています。これはヨーロッパだけでなく、どの地域でも見られることです。

 

日本人もJリーグという立派なプロサッカーリーグがあるにもかかわらず、イタリア、ドイツ、イングランドなどのサッカー強豪国を始め、あまりニュースにはなりませんが、韓国、タイ、ベトナムでプレーしている日本人選手もいます。言葉がわからなくてもサッカーさえ上手ければ(もちろん言葉は大事ですが)、どこでも活躍することができるのです。

 

 

 

 

発展途上国でも盛んに行われている
サッカーは特に南米やアフリカなどの発展途上国で盛んです。その理由は身体能力が高いため、サッカーをする上でとても有利だからです。しかしそれ以外にも、発展途上国でもボールがあれば、子どもたちみんなで遊ぶことができます。

 

本物のサッカーボールでなくても、ボールに見立てた物があれば、それをみんなで蹴って転がしながら遊ぶことができます。お金がかからずにみんなで楽しめるため、広くサッカーが愛されているというわけです。

 

サッカーはプロもアマも関係なく、もちろん家庭環境に差別されることなくプレイするみんなが平等です。貧しい国の選手でも技術を磨けば、誰でもスター選手になれる可能性を秘めています。そこがサッカーの魅力でもあります。


小さな子どもが楽しむだけでなく真剣になってサッカーに取り組むのは、プロ選手になってヨーロッパで成功すれば大金持ちになれるチャンスがあるからです。サッカー選手として成功すると年俸数億円は稼げるようになります。そこにスポンサー契約などが入ってくると、世界トップクラスの選手だと年収10億円を超えてきます。

 

世界中にはそういった夢見る子どもたちがたくさんいます。サッカー選手として成功することを夢見て発展途上国の子どもががんばっているのです。他の職業だと家庭環境によってなれるかどうか変わってきますが、サッカーはとにかく他の人よりも上手ければ誰でもプロになれます。つまり完全に自分の実力次第ということです。

 

実際に貧しいスラム街から世界的なスーパースターになった選手もいます。特にブラジルやアルゼンチンなどの南米はそうです。アルゼンチンのアグエロやカルロス・テベスも貧しい地域から生み出された選手です。特にテベスはスラム街出身ですが、現在では世界的なプレイヤーです。


スーパースターになって成功したら、今度はそのお金で母国に学校を建てたり、寄付をしたりして還元しているのです。彼らの成功モデルに憧れて、子どもたちが毎日サッカーを練習しています。そういった日本人にはない貪欲なマインドも、アフリカや南米選手が成功する要因なのかもしれません。

Sponsored Link