試合時間は90分だがアバウト
Sponsored Link

試合時間は90分だがアバウト

 

サッカーの試合が始まるときには、ボールは真ん中(センターアーク)に置き、全員自陣のエリアにいるところからスタートします。サッカーでは試合開始のことをキックオフと言います。審判のホイッスルが鳴ったら開始です。

 

サッカーの試合時間は、前半45分と後半45分で合わせて90分になります(小中高校生は短縮されます)。前半戦の45分が終わると選手は控え室に戻り、ハーフタイムと言われる休憩時間が15分あります。その間に控え室では監督が、選手に後半戦の指示を出したりします。

 

サッカーは1試合90分とかなり長いですが、試合中は基本的に時間を止めることがありません。例えばバスケットだと、ボールがコートに出ると毎回時間を止めますが、サッカーだとボールが外に出たくらいでは時間を止めません。つまり試合時間は90分ではありますが、きっちり秒単位で90分ではなく、かなりアバウトだということです。

 

中には時間を止めることもあります。例えばゴールキーパーが試合中ケガをして、復帰まで多少時間がかかるときです。ゴールキーパーの場合は、1人しかいないためきちんと復帰するまで試合が再開されることはありません。そのため時間がかかる場合は、いったん時計を止めます。

 

しかしフィールドプレイヤーがケガをしても時間は止めません。よほど大きなケガであれば別ですが、担架でピッチの外に運び出して試合はすぐに再開されます。選手はピッチの外で治療していても、1人少ないまま試合が再開されます。このようにサッカーでは、基本的に試合時間は流れていきます。

 

これだと試合時間90分とは言えないのですが、前半と後半の最後にアディショナルタイムがあります。昔はロスタイムと言っていましたが、今は名前が変わりました。日本では追加タイムとも言われます。

 

試合中審判は時計を両腕に一つずつ所持していて、一つは時間を止めない時計、もう一つは試合が中断するたびに止める時計です。前半が終わる頃になると、審判がその時計の時間差を確認します。その差がアディショナルタイムとなります。

 

例えばその時間差が2分だった場合、その時間差を埋めるために、45分終了後に追加で2分のアディショナルタイムがあります。2分だと47分0秒から47分59秒の間に、審判の判断で終了のホイッスルを鳴らすことになります。

 

アディショナルタイムの時間は、時間を確認したコート上の審判が、コート外にいる別の審判に伝えて、45分終了とともに電光板で会場の観客に伝えられます。あまり時間ロスがなければ0分もあるので、どれくらいの時間になるかは試合によって大きく変わってきます。

 

ちなみにアディショナルタイムはたいてい1分か2分ですが、試合によっては長いと5分を超えてくることもあります。過去には後半終了間際まで0-1で負けていたところから、アディショナルタイムで2-1に逆転した例もあります。最後まで気を緩めることはできません。

 

日本代表でもアディショナルタイムに泣いたこともありました。94年のアメリカワールドカップ予選を戦っていた日本は、イラクと戦っていてこの試合に勝てばワールドカップ初出場が決まる試合でした。

 

そして2-1で勝っていたにもかかわらず、アディショナルタイムで同点にされて、ワールドカップ初出場が無くなりました。これがいわゆるドーハの悲劇です。サッカーでは何が起こるかわからないため、勝っていても最後まで気を引き締めていなければなりません。

 

 

 

 

延長戦を行うときもある
サッカーは1試合90分と長いため、近年は世界的に見ても、延長戦を行わない傾向にあります。Jリーグを始め、多くのプロリーグでは総当たり戦になるため、90分で勝敗が決まらない場合は、引き分けのまま試合が終了します。

 

しかし大会によってはトーナメント戦で行われることもあります。その場合はどちらかが必ず勝ち上がることになります。絶対に勝敗を決めなければならないときには、90分を行った後に延長戦を行います。

 

延長戦の時間は、90分終わった後に前半15分、後半15分を行います。90分が終わった後は休憩がありますが、延長前半15分と延長後半15分の間にはハーフタイムがないため、ほとんど休憩なしで30分行うことになります。

それなら最初から延長30分にすればいいと思ってしまいますが、サッカーでは前半と後半で攻める向きを変えます。観客席、風、陽の当たりなどが違うため、公平に試合を行うために入れ替えを行います。そのため延長前半が終わったら、攻める向きを変えてすぐに延長後半が始まります。

 

延長戦には2つの決定方式があります。ゴールデンゴール方式とシルバーゴール方式です。どちらも延長時間は30分と変わらないのですが、試合の決着方法が異なります。ゴールデンゴール方式は、30分以内に先に1点を取った方が勝ちになります。簡単に言うと早い者勝ちです。

一方のシルバーゴール方式は、延長30分でどれだけ多くの点数を入れたかで勝敗が決まります。ゴールデンゴール方式だと先に入れた方が勝ちですが、シルバーゴール方式だと1点取られても、時間内に2点取れば勝ちになります。

 

Jリーグも昔はゴールデンゴール方式を採用していました。Vゴール方式と言われ、入れた方が勝つためVictoryのVを取ってそう名付けられました。しかし近年はJリーグも延長戦がなくなり、ゴールデンゴール方式も無くなっています。

 

世界的に見ると、最近はシルバーゴール方式が主流です。ワールドカップなどの国際的な大会でも使われています。これだと延長戦が決まると、自動的に30分は必ずやらなければなりません。これが体力的にキツイため、選手はなるべく90分で決着をつけるようにします。

 

もしこれでもダメなら最後はPK戦になります。PK戦はどちらか決まるまで試合を行います。PK戦は運の要素もあるため、多くのチームではなるべく避けようと、早期決着を望んでいます。特にPK戦はプレッシャーがかかるため、メンタルで大きな負担になり、延長戦も戦った後になるため疲労も残るからです。

 

Sponsored Link