シュートレンジとシュートの種類
Sponsored Link

シュートレンジとシュートの種類

 

ゴール前で思い切りボールを蹴って、ゴールを狙うことをシュートと言います。シュートに関係する言葉がいくつかあります。その中でもよく使うのが、シュートレンジです。テレビ中継でも実況がよく使っているのを耳にします。

 

レンジというのは距離のことです。つまりシュートレンジとは、シュートができる距離のことを言います。例えば相手のゴール前まで、ボールを運んだら多くの選手はシュートを選択します。ゴールから近い距離だと、高確率でゴールが狙えるからです。この距離のことをシュートレンジと言います。

 

シュートレンジに特別な基準はありませんが、少なくともペナルティエリア内では、シュートを選択しなければならない距離と言えます。サッカーでは最後にシュートを打たなければ、得点が入りません。試合後にはチーム全体で何本のシュートを打ったのか、データが出てきます。シュートの数は、ゴールチャンスの数と言うこともできます。

 

もしペナルティエリア内でシュートではなく、パスを選択して相手に取られると観客席からはブーイングが起こります。観客はチャンスでシュートを打たないと得点にならないことがわかっているからです。外すのを恐れて誰もシュートを打たなければ、試合には絶対に勝てません。シュートは、チャレンジすることが大事であるといえ、攻撃もシュートで終わることが重要です。

 

シュートレンジは選手によって異なります。遠いところからでもシュートを決めてくる選手もいます。少し遠いとミドルレンジ、かなり遠いとロングレンジという言い方もあります。シュートレンジが広ければ、遠くからでもゴールを狙うことができます。

 

また遠くからだけでなく、左、右、中央などによっても異なります。これは利き足によっても得意な方向が変わってきますが、同じ遠くからのシュートでも、左からと右からでは蹴り方が違うため、得意なエリアが変わってきます。

 

 

 

 

さまざまなシュートの種類
一括りにシュートと言ってもさまざまな種類があります。ただ強く打てば入るものでもないため、いかに相手選手に邪魔されることなく、ゴールキーパーに取られないかを考えてシュートを打たなければなりません。

 

ゴールを多く決める選手を、決定力があると言います。決定力のある選手は、シュートが上手いのはもちろん、ゴールの可能性が高いシュートチャンスをより多く生み出しています。難しいシュートを決めることがすごいのではなく、簡単にゴールを決めれるに越したことはありません。

 

ただしキーパーに取られないようにシュートを打つことが大事です。シュートには状況に応じて使い分けるさまざまな種類があります。そこで、ここでは代表的なシュートの種類をご紹介します。

 

 

1.ミドルシュートとロングシュート
まずよく出てくるシュートがミドルシュートとロングシュートです。サッカーをテレビで見ていると、実況が口にすることもあります。これらのシュートは、相手のゴールから遠い位置からのシュートのときに使います。

 

ミドルとロングの違いは距離です。ミドルレンジとロングレンジのお話をしましたが、その距離からのシュートを言います。ミドルというのは中間という意味なので、少し遠いところからのシュートを言います。明確な基準はないのですが、ペナルティエリアライン付近からのシュートになります。

 

一方のロングシュートは、ミドルよりも遥かに遠い位置からのシュートになります。ゴールから30m以上離れていると、通常はなかなかゴールできない距離です。しかし状況によってはゴールが決まることもあります。

 

ミドルもロングも少し離れたところからのシュートですが、当然ながらゴールに近い方がシュートは入りやすいと言えます。しかしなぜあえて遠い位置から打つのかというと、相手選手やキーパーの位置関係によっては、遠くからでもゴールが狙いやすいこともあります。

 

もしキーパーがバランスを崩していたり、飛び出していたりすると、ゴールの角が空いていることがあります。もしくは近くにディフェンダーがいなくて、ブロックされないからとそのままフリー(ノーマーク)でシュートを打つこともあります。

 

またチャンスだけでなく、ゴール前に味方がいない場合やオフサイドになる場合など、仕方なく遠くからシュートを打つこともあります。このあたりは状況によってですが、シュートが決まることもあるので、ミドルやロングも有効になります。

 

 

2.ループシュート
シュートというと、速いボールを打つイメージがあります。しかし状況によってはフワッとしたシュートを打つこともあります。それをループシュートと言います。ループとは曲線という意味です。その名の通り弧を描くシュートになります。

 

そんなシュートは、ゴールキーパーに取られてしまうのではないかと思ってしまいますが、状況によってはそんなこともありません。例えばシュートを打とうとしたときに、相手選手がいない場合、キーパーは飛び出して止めようとします。

 

なぜならシュートを打つ選手とキーパーの距離が近いほど、シュートを打ってもキーパーに当たってゴールには入らないからです。キーパーはそうやって体を張ってゴールを守っています。

 

しかしシュートを打つ選手から見ると、キーパーがゴールから離れたときはチャンスです。キーパーさえ越えれば、ボールはそのままゴールに入るからです。普通にシュートをしてはキーパーに当たってしまうため、わざとキーパーが取れない高いフワッとしたシュートを打って、キーパーを越えようとします。このときに使うのがループシュートです。

 

ボールを高く上げるため、力を入れ過ぎるとキーパーどころかゴールも越えてしまうこともあるので注意は必要ですが、上手く打てばキーパーを越えることができるため、かしこい選択になります。

 

 

3.ヘディングシュート
ボールが高い位置に上がった場合、足を上げてシュートするよりも、頭をボールに当ててそのままゴールを狙った方が効率はいいと言えます。頭を使ってシュートすることを、ヘディングシュートと言います。

 

ヘディングシュートは試合でよく使います。例えばコーナーキックやフリーキックなど、味方選手からのボールに合わせるときにはヘディングシュートを使います。頭と足であれば、足の方が速いシュートを打てそうですが、勢いをつければヘディングでもいいシュートが打てます。

 

実際に背が高いもしくはジャンプ力がある選手だとヘディングが得意なため、コーナキックやフリーキックからゴールを量産しています。1試合で何度もヘディングシュートを行うため、それくらいチームにとっては大事な得点源となります。

 

 

4.ボレーシュート
空中に浮いているボールをそのままシュートすることを言います。自分がジャンプして打つとジャンピングボレーシュートと言います。通常浮いているボールは、ヘディングでシュートします。しかし自分の腰辺りに低く浮いていると、ヘディングはやり辛いため、そのままシュートをしてしまいます。

 

ボールが高く上がって落ちてきたところを、地面に落ちる前にシュートしてしまうところが大事です。なぜなら地面に落ちると次にシュートをするまでの時間で、相手チームの選手が体勢を立て直してシュートを打たせないように邪魔をしてしまうからです。

 

空中にあって自分でも相手でもないルーズボールに対して、相手に邪魔される前に素早くシュートを打つのが、ボレーシュートです。ちなみにゴールが決まるとかっこいいため、たいていはスポーツニュースなどでも紹介されます。

 

 

5.無回転シュート
10年ほど前に一時期流行したのがこの無回転シュートです。これはプロでもできる人とできない人がいるほど、難しいシュートです。普通はボールに回転がかかりながら飛んでくるのですが、これは名前の通りボールに回転がかかっていないシュートのことを言います。

 

ボールが回転しないと、ボールに空気抵抗がかからないため、ブレながら飛んでくることになります。ゴールキーパーはボールの軌道を見ながら予測して、反射的に飛んで止めるのですが、ボールがブレている上に不規則に落ちるため、止めるのが難しいのです。キーパー泣かせのシュートと言っても過言ではありません。

 

フリーキックやミドルシュートなど、ある程度離れていると効果があります。ワールドカップなどの大舞台で、無回転シュートでゴールを決めた選手も表れて、それをマネして多くの人が練習したことがありました。しかし簡単にマネできるシュートではないため、実際に試合で使う選手は少ないです。

Sponsored Link