ポジションとは選手の役割のこと
Sponsored Link

ポジションとは選手の役割のこと

 

サッカーは11人で行うスポーツですが、みんながなんとなくボールを追いかけているわけではありません。11人それぞれに役割が決められていて、それを果たさなければなりません。この役割のことをポジションと言います。

 

全員がボールを追いかけていても、ゴールは生まれません。効率良くプレーして、勝つためにさまざまなポジションや戦術が存在します。そういうところを知ることが、サッカーを観ていて面白くなってきます。

 

実際、ポジションは知らなくてもサッカーを観ることができます。しかしポジションを知ることで、よりサッカーを深く理解することができます。ポジションの難しいところは、試合によって変化することがあることです。ただしポジションでも基本的な役割はあるので、そこを知るだけで見方が変わってきます。

 

同じサッカー選手であっても、プレーの得意・不得意は選手によって異なります。例えばシュートに自信のある選手であれば、相手ゴールの近いポジションにいて、得点を狙った方が活躍できる可能性が高いです。

 

また身長が高くて、体が大きい選手であれば、相手の攻撃を止めてくれるかもしれません。そうなると、自分のゴール近くで守備を頑張ってもらった方が活躍してくれることになります。

 

その他には足の速い選手もいれば、スタミナが豊富でいつまでも走っていられる選手、ドリブルの上手い選手などもいます。こういった特徴を見極めて適材適所で選手を配置していくことが重要です。サッカーのポジションは、大きく4つに分けることができます。

 

 

1.ゴールキーパー(GK)
まずはサッカーで唯一手が使える選手のゴールキーパーです。そのためキーパーだけは特殊なポジションだと言えます。自分のゴール前にいて、相手のシュートを止めてくれます。キーパーがシュートを取れないとそのまま相手の得点になってしまうため、守護神と言われることもあります。

 

他の10人のフィールドプレイヤーと違い、キーパーの代わりはキーパーしかできません。そのため試合では必ずベンチ入りする選手に最低1人は含まれます。もしベンチにキーパーがいないと、万が一試合中にキーパーがケガをしてしまった場合、代わりにできる選手がいないからです。

 

そのためチーム内では、スタメンに第一キーパー、ベンチに第二キーパー、ベンチ外に第三キーパーと合計3人のキーパーがいます。ケガや出場停止などのアクシデントに備えて、誰もいない状況を防ぐためです。

 

しかし残念ながら第一キーパーが出られない状況にならない限り、第二キーパーと第三キーパーはほとんど出場がありません。ゴールキーパーはフィールドプレイヤーに比べると運動量は少ないため、試合途中の選手交代はまずありません。

 

練習試合などでは多くの選手を使うため、途中出場も考えられますが、公式戦での途中出場はほぼありません。むしろ交代が3人しかできないのに、1人をケガをしていないキーパーに使うことは、相手チームにとっては屈辱的なことです。

 

第一キーパーの能力が高いチームによっては、一年間の公式戦全試合フル出場もあります。それくらいサッカーでは、第一キーパーが絶対です。そのため第二、第三キーパーが全試合出場したければ、チームを変える必要があります。大きなクラブのベンチにいるか、小さなクラブの第一キーパーでいるのかは悩ましいところです。

 

 

 

 

2.ディフェンダー(DF)
相手の攻撃を防いで得点を取られないようにするのがディフェンダーです。ゴール前にキーパーがいますが、相手選手に誰も邪魔しなければ、好き勝手にシュートを打たれてしまい、いくらキーパーが手を使えるとはいえ、全てを止めることはできません。

 

そこでディフェンダーは、相手のシュートチャンスを潰す必要があります。ゴール枠内に打ったシュートを、ディフェンダーが邪魔することによって、シュートが枠外に飛んでしまうこともあります。これがディフェンダーの主な役割です。

 

ディフェンダーを大きく、センターバックとサイドバックの2つに分けることができます。センターバックは主にピッチ中央に配置されます。その右側と左側をいるのがサイドバックです。

 

一般的にディフェンダー(特にセンターバック)は身長が高く、大きい選手がなることが多いです。180cm代後半から、高い選手だと190cmを超えてきます。なぜ背の高さが求められるのかと言うと、ヘディングで有利だからです。

 

相手の戦術でゴール前に、高いボールをたくさん入れてヘディングでシュートを狙っていくものがあります。また相手のフリーキックやコーナーキックなど、ディフェンダーのヘディングを使う機会はとても多いです。そこで毎回相手選手に負けていては得点を与えてしまいます。つまりディフェンダーに必要なものは、相手に競り負けない強い体だということです。

 

ちなみにディフェンダーは、守備だけをしなければならない決まりはありません。時には攻撃に参加することもあります。ポジションはあくまでも役割であって、ピッチ内であればどこでも動き回ることができます。

 

 

3.ミッドフィルダー(MF)
サッカーのポジションで一番重要な存在が、このミッドフィルダーです。前にフォワード、後ろにディフェンダーがいるため、ミッドフィルダーのことを「中盤」という言い方もします。

 

ミッドフィルダーを細かく分けると攻撃的、守備的、サイドハーフなどのポジションに分けることができますが、ミッドフィルダー共通して言えるのが、攻撃も守備も両方でフル稼働しなければならないということです。

 

フォワードだと攻撃、ディフェンダーだと守備が基本になりますが、ピッチの真ん中に位置するミッドフィルダーは両方を見なければなりません。そのため視野が広い選手がなることが多いです。

 

もしミッドフィルダーがサボると、攻撃も守備も人手不足になり、チームが機能しなくなってしまいます。攻守両方に参加することで、チームが機能するようになります。得点を取ることは少ないため、目立たない存在ですが、サッカーでは一番重要なポジションです。

 

 

4.フォワード(FW)
チームの最前線にいる選手で、常に得点を狙っています。味方が繋いだパスを最後にもらってゴールを決めます。得点を取ることが多いため、テレビや新聞に載る機会が多く、チームの花形選手が多くいるポジションがフォワードです。

 

フォワードがまず何よりも求められるのが得点です。各ポジションの中では唯一はっきりとした数字で評価されます。フォワードの価値を考えるときには、まずゴール数を見ます。いろいろなところでチームに貢献していたとしても、ゴール数が少なければ、フォワードとしての評価は低くなってしまいます。

 

ちなみに日本代表で人材が不足しているのが、このフォワードです。得点をコンスタントに取れる選手があまり多くありません。サッカーは得点を取らなければ勝つことはできないため、得点を多く取れるフォワードは貴重な存在です。世界的に見ても得点の取れるフォワードは重宝がられるため、高い給料をもらっている選手も多いです。

 

日本人で育たない理由の一つに、サッカーではフォワードの役割が重要であるため、Jリーグのチームの多くはフォワードを外国人に頼っています。ブラジルから助っ人を呼んできて、ゴールを量産してもらえば、チームは勝つことができます。

 

しかし日本人フォワードの出場機会が失われ、なかなか育つことがありません。育たないからまた外国人に頼る、この悪循環が変われば、日本人でも得点を量産できるフォワードが育つこともあるかもしれません。

 

Sponsored Link