フォーメーションは数字の羅列
Sponsored Link

フォーメーションは数字の羅列

 

サッカーでは選手の役割を表すものをポジションと言いますが、もう一つ重要なものがあります。それはフォーメーションです。別名システムとも言います。サッカーを見ていると4-4-2、4-2-3-1などの数字の羅列が出てきますが、これがフォーメーションです。Jリーグや日本代表の試合でも必ず出てきます。

 

この数字は何を表すのかというと、ゴールキーパーを除く、ディフェンダー、ミッドフィルダー、フォワードの3つのポジションの人数を表しています。そのためフォーメーションの数字を全て足すと、必ず10になります。サッカーでは選手登録をするときに、フォワードやミッドフィルダーなどポジションも合わせて提出します。

 

フォーメーションの数字を左からディフェンダー、ミッドフィルダー、フォワードの順番になります。例えば4-4-2だと、4人のディフェンダー、4人のミッドフィルダー、2人のフォワードということになります。

たいていはディフェンダーが多く、フォワードの人数が少なくなるため、左の数字が多く右の数字が少なくなります。4-4-2以外にも、4-3-3、4-5-1、3-5-2などもありますが、どれもディフェンダーよりもフォワードが少なくなっています。

 

そのため1-5-4などのように、極端にディフェンダーが少なかったり、フォワードが多かったりすることはないため、フォーメーションはある程度パターンが決まってきます。多くのチームは、ディフェンダーを3人か4人にしているため、数字の始まりは3または4になります。

 

フォーメーションは3つの数字の羅列で説明しましたが、中には4つの数字のパターンもあります。4-2-3-1や4-1-4-1のようなパターンです。この場合もフォーメーションの原則に従って、左からディフェンダー、ミッドフィルダー、フォワードの順番になります。

 

4つの数字の場合は、ポイントとなるのは真ん中の2つです。例えば4-2-3-1で考えると、真ん中の2と3が重要です。この真ん中2つはどちらもミッドフィルダーを表しています。ミッドフィルダーを攻撃的、守備的に分けた配置の場合、4に近い2が守備的な位置、3が攻撃的な位置にいることとなります。

4-1-4-1も同様に真ん中の1-4を見て、1が守備的ミッドフィルダー、4が攻撃的ミッドフィルダーとなります。つまり4-5-1と同じなのですが、ミッドフィルダーをより詳しい配置で表すために、数字を分解して全部で4つに分けて表しています。

 

 

 

 

数字では選手の配置はわからない
このような例からもわかるように、フォーメーションで相手の詳しい配置まではわかりません。フォーメーションでわかるのは、大まかなポジションだけです。例えば4-4-2であっても、ミッドフィルダーがダイヤモンド型もあれば、ボックス型もあります。フォーメーションを見るときには、どのポジションに何人いるのかくらいに留めておいた方がいいです。

また実際に起用されるのは、そのポジション通りとは限りません。ミッドフィルダー登録でも、フォワードの位置にいることもあります。その選手がどこのポジションにいるのかは、実際の試合を見て確認する必要があります。しかも試合になると、基本的な配置は崩れます。

 

しかしサッカーを知っている人にとっては、フォーメーションが崩れているようでも、見れば理解できます。それはサッカーの定石に沿ってプレーをしているからです。また、監督から選手に伝えるときもフォーメーションがあるとわかりやすいです。チームの基本となるポジション配置のためにフォーメーションを使います。

 

策士の監督だと、普段は守備的ミッドフィルダーにいる選手を、ディフェンダーに配置することもあります。また攻撃的ミッドフィルダーの選手をフォワードの位置にすることもあります。監督はフォーメーションに左右されるわけではなく、あくまでも選手の特性を見ながら適所に配置することになります。そういった戦術も試合を見るときの醍醐味の一つです。

 

また先ほど試合力をにフォーメーションが崩れると言いましたが、ボールを保持して攻撃をするときには、4-3-3でフォワードを多く配置して、ボールを奪われて守備をするときには、フォワード2人がミッドフィルダーに下がって、4-5-1になることもあります。そういったことは試合を見なければわからないため、試合中に確認が必要です。

よくテレビで「日本代表に合うフォーメーションは何か?」のような討論番組がありますが、フォーメーションに決まった形はないことがわかっていただけたかと思います。選手の配置はあくまでも、試合中に臨機応変に変わるため、対戦相手によって対策を立てています。どの選手を起用するのか話すはいいですが、フォーメーションは特に意味はないのです。

Sponsored Link