日本代表

日本代表が行う試合にはどういうものがあるの?

日本代表の試合はJリーグなどとは違っていつもあるわけではありません。

あるときたまたまテレビをつけてみたら、『日本代表の試合やってるなぁ』みたいなこともあるかもしれません。

実は日本代表の試合というのは、ある程度のスケジュールというのが決まっています。

そこで今回は、日本代表が行う試合にはどういうものがあるのかについて説明していきます!

パンダモくん
パンダモくん
同じような試合でも意味合いが全然違ってくるんだよ!

日本代表が行う試合にはどういうものがあるの?

テレビをつけるとたまたまやっているような日本代表の試合ですが、試合の日程というのはある程度決まっています。

なぜ事前に試合日程がわかっている必要があるのかというと、日本代表の選手は特別編成で組まれるからです。

サッカーの日本代表チームはどういう位置付けになるの?日本には数え切れないほどのサッカーチームが存在しています。 私たちが知っているサッカーチームで有名なのは、Jリーグのチームです。 ...

普段はJリーグだったり、海外のチームだったりでプレーする選手たちが、日本代表に呼ばれたときだけ合流します。

パンダモくん
パンダモくん
日本代表はサッカー協会がクラブチームから選手を一時的に借りているんだ!日程がわからないと選手を借りにくくなっちゃう!

ですので日本代表の日程がある程度決まっている以上、年間の試合数もだいたい同じになります。

例えば2017年から2019年までの日本代表の試合数を比べてみます。

  • 2019年の年間試合数・・・23試合
  • 2018年の年間試合数・・・14試合
  • 2017年の年間試合数・・・13試合

とりわけ日本代表の試合数は、2017年や2018年にあるように15試合くらいです。

そのため2019年の試合数が異常に多かったわけですが、中にはこういう年もあります。

ちなみに2019年が多かった理由については、アジアカップやコパアメリカといった大会に出場したためです。

そして全ての試合が次の2つのどちらに分かれてきます。

  1. 公式試合
  2. 親善試合

それではそれぞれの試合を順番に説明していきます!

公式試合ってなに?

まず日本代表の試合で欠かせないのが公式試合です。

日本代表の公式試合というのは、主に大会や予選などのことを言います。

例えば次のような試合のことを言います。

  • FIFAワールドカップ
  • FIFAワールドカップの予選
  • AFCアジアカップ
  • AFCアジアカップの予選

世界No.1の国を決めるワールドカップ、アジアNo.1の国を決めるアジアカップなどが公式試合です。

これらの大会で結果を出すために、日本代表にとってそれ以外の全ての試合があると言っても過言ではありません。

パンダモくん
パンダモくん
ワールドカップやアジアカップで優勝できるならそれ以外全部負けてもいい!極論だけどね!

ちなみに2019年にはAFCアジアカップが開催されて日本代表は準優勝を成し遂げました!

さらに9月からは2022年ワールドカップの予選があり、すでに次のワールドカップに向けた戦いが始まっています。

『公式試合=結果が全て』

たまたまテレビをつけたら同じような日本代表の試合でも、公式試合であれば白熱度や盛り上がりが全く違ってきます。

親善試合ってなに?

日本代表の試合で、公式試合ともう一つ存在するのが親善試合です。

先ほどもお伝えしたように、日本代表の試合というのは決して多い方ではありません。

しかも選手は普段クラブチームに所属しているため、日本代表の試合の数日前にようやく合流します。

つまり日本代表はほとんどチームで練習することができません!

でも日本代表の監督からすれば、このように思うはずです。

日本代表監督の心の声「練習もしないでいきなり公式戦はキツイわ〜!もう少し選手をチェックする場が欲しい!」

ということで行われるのがこの親善試合です。

パンダモくん
パンダモくん
親善試合は、国同士の練習試合のことを言うんだ!

日本サッカー協会は公式試合がないタイミングで他の国と交渉し、親善試合の予定を取り付けています。

また公式試合とは違って、親善試合は結果が全てではありません。

ですので日本代表監督も、普段は代表に招集できない有望な選手を積極的にチームに加えたりしています。

また選手交代の制限人数も公式試合の3人から増えることがほとんどです。

サッカーの選手交代にはどんなルールがあるの?サッカーでは1試合90分も行うため、ときに選手が疲労したり、ケガをすることがあります。 そういうときには試合中でも選手の交代が認め...

親善試合も勝つことは大事ですが、新しい選手を試したり、戦術の理解度を知ったりといった練習試合としての意味合いが強いです。

『親善試合=結果だけでなく試合内容の良さも求められる』

キリンチャレンジカップってどういう位置付け?

日本代表の試合を見ると、ときどきキリンチャレンジカップっていう名前の試合が行われています。

名前に『カップ』が付いているので、何か大きな大会のような感じがします。

でも実際には、ドリンクメーカー『キリン』がスポンサーとなっている親善試合です。

ただし日本とその他2カ国によるリーグ戦によって優勝を決めるため、親善試合ながらも大会のような感じです。

パンダモくん
パンダモくん
ちなみに優勝するとお酒やスポーツドリンクが1年分もらえるんだよ!ボクもほし〜

日本代表の親善試合には2つのパターンがあります。

  1. 海外の国を日本へ呼んで、日本のスタジアムで試合を行う
  2. ヨーロッパなどへ遠征に行って、海外のスタジアムで試合を行う

どちらも親善試合ですが、基本的に海外の国を招待して日本で行われる試合はキリンチャレンジカップとなります。

2000年代から続いているこのキリンチャレンジカップですが、キリンが日本代表の公式スポンサーを務める限りは今後も継続して行われるものと思われます。

  • ワールドカップやアジアカップなどは公式試合と呼ばれて結果が求められる
  • 国同士の練習試合は親善試合と呼ばれて新しく試す実践の場としての意味合いがある
  • キリンチャレンジカップは日本のホームで行われるときに開催される親善試合の一種