Jリーガーの契約内容
Sponsored Link

Jリーガーの契約内容

 

Jリーガーはプロスポーツ選手のため、高い年俸をもらっていると思ってしまいますが、プロ野球選手に比べてかなり低いです。年俸1億円を超える選手は10人以下で、両手で数えられるほどしかいません。

 

さらに平均選手寿命がプロ野球よりも短いため、稼げる期間も短いと言えます。プロサッカー選手は、夢のある世界に見えますが、現実はそう甘くないのです。

 

J1選手の平均年俸は2000万円くらいと言われています。ちなみにこの金額だと、プロ野球で言えば2軍選手レベルです。これが下のカテゴリーになると一気に減って、J2選手は平均400万円くらいです。これだとサラリーマンとそれほど変わりません。Jリーグが発展してきているとは言っても、待遇面ではまだまだ改善の余地があります。

 

ちなみにJリーグにはプロ野球と違って、ドラフト会議のようなものがありません。ドラフト会議とは、全チームが集まって新人選手の獲得権利を話し合うことです。これにより、各チーム平等に新人選手を獲得でき、戦力の均衡が保たれます。

 

またドラフト会議がないと、高額な契約金で選手を誘惑するチームが現れます。そうすると、どんどん契約金が跳ね上がってしまいます。そうなることを防ぐ狙いもあります。

 

一方のJリーグは、新人選手の獲得は完全に自由です。選手は獲得したいと希望しているチームから、自分の意思で好きなチームを選ぶことができます。Jリーグのチームはお金に余裕がないため、契約金が跳ね上がる心配もないのかもしれません。

 

ちなみに宮市亮選手は、高校を卒業すると同時にJリーグに入らず、そのままイングランドのアーセナルに加入しました。Jリーグを経由しないのは、極めて稀な例でこういうこともルール上できることになります。

 

 

選手の契約にもルールがある
Jリーグでのプロ契約には、A契約、B契約、C契約と3種類があります。J1であれば基本的にA契約が一番多いです。待遇面でも一番良く、年俸の上限はないうえに、最低年俸480万円と定められています。登録上限は各チーム25名以下と決まっていて、J1だと最低15名以上、J2だと最低5名以上とA契約を結ぶ必要があります。

 

B契約は最高年俸480万円以下になります。人数の制限はなく、A契約を結ばない選手、登録人数の関係で結べない選手はB契約になります。B契約には、実力でスタメンよりも劣り、なかなか試合に出場できない選手が多いです。

 

C契約は少し違って、新入団選手が対象になる契約です。高校、ユース、大学など初めてプロ契約を結ぶ選手がこのC契約になります。年俸はB契約と同じ最高480万円以下です。新人選手が入団してから3年間はC契約ですが、4年目以降は結ぶことができません。

 

高卒や大卒でJリーガーになると、3年以内にA契約またはB契約を結ばないといけなくなります。もしそれができなければ、戦力外になってしまいます。そのため新人選手には、在籍3年の壁があり、そこを乗り越えるかが最初の課題です。Jリーグはプロである以上、厳しい世界だと言えます。

 

ただしJ1だと450分以上、J2だと900分以上、J3とJFLだと1350分以上出場してもA契約またはB契約を結ぶ権利がもらえます。一度A契約を結ぶと、C契約には下がれないため、チームとしては慎重になります。しかし出場しているということは、戦力として考えているため、契約をもらえる可能性が高いです。

 

ちなみにJ3だけは、プロ契約の基準が緩いです。J2だとA契約5名以上が必要ですが、J3の場合は、プロ契約が3名以上いることが必要です。ただしA契約である必要がありませんA、B、C全て合わせて3名以上になります。

 

ほとんどアマチュアのJ3では、むしろプロ契約を結べることがすごいことです。多くの選手がサッカーを本業としないで、他に仕事をしながらサッカーを行っています。

 

J3にいる若手選手は、チームがJ2に上がれなくても、活躍すればJ2のチームに引き抜かれることがあるため、そうすればプロ契約がもらえます。しかしベテラン選手だとなかなか厳しいため、できるだけ長く好きなサッカーを続けたいと考えています。

 

Sponsored Link