Jリーグ優勝賞金と分配金がアップ
Sponsored Link

Jリーグ優勝賞金と分配金がアップ

 

2017年はJリーグが大きく変わる年になります。その理由はJリーグの放映権に関して、DAZN(ダゾーン)と長期契約したからです。これまでの放映権はスカパーだったのですが、2017年からDAZNと新たに契約しました。

 

しかも契約金額がスカパーのときと比べて約4倍になりました。これまでの試合中継は、全てスカパーが制作していたのが、今後はJリーグが制作するようになってコストがかかりますが、それでも放映権料がこれまでの4倍になったことで、Jリーグのチームに恩恵がもたらされます。

 

2017年シーズンから早速、チームに支払われる金額が変わります。J1の優勝賞金は3億円になります。2016年だと優勝1億円で、年間勝ち点1位と合わせても1億8,000万円でした。それが大きくアップしたことになります。ちなみにルヴァンカップの優勝賞金は1億5,000万円で、2016年の1億円から増額されます。

 

賞金以外にも、各チームに分配金が支払われます。放映権料はJリーグが一律に管理しているため、チーム単位で契約することができません。その代わり全チームに対して、公平に分配することになります。これを均等分配金と言います。ただしカテゴリーごとの格差はあります。

 

J1だと3億5,000万円が一律で全チームに支払われます。ちなみに2016年は1億8,000万円でした。J2だと一律1億5,000万円で、2016年は8,000万円、J3だと3,000万円で、2016年は1,500万円になります。均等分配金は、J1、J2、J3全てでほぼ倍になりました。

 

これまではチームに支払われるお金はこれだけだったのですが、新しくできた分配金制度として、理念強化分配金が新設されました。2017年シーズンは上位になると、賞金とは別に分配金がもらえます。ただしJ1上位4クラブのみです。

この金額がかなり大きく、優勝した場合、翌年からの3年間で合計15億5,000万円がもらえます。2位だと合計7億円、3位だと合計3.5億円、4位だと合計1.8億円が支払われます。ただし配分されたお金は、Jリーグが用途を審査するため、通れば使用できます。このお金は、選手の獲得費用や育成に使うことができます。

 

 

J1上位クラブだけが潤う仕組み
2017年からチームに支払われる金額が多くなるとはいえ、優勝賞金の倍増や理念強化分配金など、J1の上位チームだけがかなり優遇されています。これにはJリーグにもビッグクラブを作りたいという思惑が見えてきます。

 

ヨーロッパだと同じ1部リーグでも、ビッグクラブ、中堅クラブ、弱小クラブとはっきり分かれています。リーグ優勝を争うのはいつもビッグクラブです。2016年にイタリアではユベントスが5連覇し、ドイツではバイエルンミュンヘンが史上初の4連覇をしました。

 

スペインだと優勝争いは、レアルマドリードかバルセロナになり、いつも決まっています。そして降格争いをするのは調子が悪い中堅クラブか、資金力に乏しい弱小クラブになります。

 

ビッグクラブは、リーグ優勝だけでなく、UEFAチャンピオンズリーグで上位を狙っています。国内リーグではダントツの強さになるため、目標はヨーロッパNo.1です。またビッグクラブがあると、高い年俸がもらえるため、選手にとってプレーするあこがれの存在になります。

 

しかしJリーグを見ると、強いクラブはあるものの、ダントツの強さではありません。比較的戦力が均等になっています。毎年Jリーグでは、どこが優勝するのかわからない面白さはあるものの、ACLなどの国際大会では力を発揮できないのが現状です。

 

そこでJ1上位クラブにあえて高額な賞金を渡すことで、海外から大物選手を獲得したり、国内から日本代表クラスの選手を獲得したりと、ビッグクラブを作ろうとしています。近年はACLのようにアジアでは散々な結果だったため、戦力を固めようとしているのです。

 

そのため2017年にリーグ戦の上位に入らないと、これからクラブ間でどんどん差がつく可能性があります。各チームは何がなんでも上位に入ろうと考えているはずです。DAZNと高額な放映権料で長期契約したことで、Jリーグの戦力図が大きく変わることになりそうです。

 

Sponsored Link