トレセン制度で選手を育成する
Sponsored Link

トレセン制度で選手を育成する

 

日本代表が今よりもっと強くなるためには、若い世代で才能がある選手を育成しなければなりません。サッカーは才能が大事なスポーツです。スーパースターを輩出するためには、才能を持った選手を発掘することが必要になってきます。

 

そのためには才能を見逃さないために、日本にくまなくチェックする機能がないといけません。そこで中心的な役割を果たしているのがトレセン制度です。正式にはナショナルトレーニングセンター制度と言います。

 

このトレセン制度ですが、日本代表クラスの才能を発掘することが最終目的です。例えば日本全国にサッカーをやっている小学生はいっぱいいます。その中でもズバ抜けて上手い選手がいるわけですが、そういう選手は地区のトレセンに選出されて、トレセンの練習に参加するようになります。地区の上手い選手ばかりが集まっているため刺激にもなり、また高いレベルの選手同士で交流することもできます。

 

トレセンでは主に個人の能力アップが目的です。チームとしては、選手それぞれに所属チームがあるためそこで行うことになります。トレセンに選ばれるということは、サッカーが他の人よりも上手いということです。そのため名誉なことであり、子どもなら自慢できます。ただし選ばれてからが本当の戦いです。

 

地区のトレセンであれば、選ばれる子どもは結構います。地区の上には47都道府県のトレセンがあり、さらにその上には、9地域のトレセンがあります。一番上にはナショナルトレセンがあり、そうなると各年代の日本代表候補のレベルになってきます。

 

トレセンもピラミッド型になっていて、地区で集めて上手い選手は上のカテゴリーへ、さらに上手い選手はさらに上のカテゴリーへといった感じで、才能ある選手を見つけ出す仕組みができています。

ただし、子どものときはサッカーが上手いだけではいけません。トレセンでは、サッカーの実力以外にも、一人の人間としての成長を目指しています。例えばあいさつがきちんとできる、ルールを守る、ポジティブに行うなどそういうところもチェックします。

 

 

所属チームが弱くて全国大会に参加できない選手も中にはいます。もしその中で一人だけピカイチの才能がある選手がいたら、存在をアピールできず埋もれてしまいます。そういった才能を見つけるにはトレセン制度はいい仕組みです。

 

日本を細かく地区ごとに分けていれば、サッカーの指導者も目が行き届く範囲になってきます。そして才能がある選手がいたら、地区トレセンでは有名になります。そうすればあとは自分の実力をトレセンで発揮して、ナショナルトレセンまで行くかもしれません。

 

才能があり、実力のある選手には正しい練習をさせて、大切に育成していかなければなりません。将来の日本の宝を一人でも多く見つけ出すことが、日本サッカーのレベルアップにつながっでいくのです。

 

Sponsored Link