ユース出身と高校出身
Sponsored Link

ユース出身と高校出身

 

将来サッカー選手になりたいと子どもが思っていたら、プロになる方法は2通りあります。1つめがJリーグの下部組織に入る方法です。2つめが高校生になって全国大会で活躍する方法です。

 

昔は高校のサッカー部に入って、公式戦で結果を残してスカウトの注目を集めるしかありませんでした。しかし最近では、下部組織からプロになる選手が増えています。

 

Jリーグのチームは、下部組織の設置を義務づけられています。試合でプレーしているのは、トップチームになりますが、その下には世代ごとのさまざまなカテゴリーのチームが存在しています。これが下部組織になります。

 

子どもの頃は年齢によって体の成長が大きく違ってくるため、世代ごとに分かれています。高校生年代をユース、中学生年代をジュニアユース、小学生年代をジュニアチームと言います。このチームに入って練習を行い、将来はトップチームに入るために成長していきます。

 

同世代には、中学や高校のクラブ活動としてサッカー部があり、そこでプレーしている人もいます。こちらの方が一般的かもしれません。日本にもサッカーの名門校と言われる高校があります。国見、市立船橋、野洲、鹿児島実業など全国大会で常連の高校がありますが、ユースと高校のサッカー部は全く別物です。

 

そのためサッカーをしている子どもは、学校のサッカー部かJリーグのユースのどちらかに所属していることになります。高校のクラブ活動だと、当然ながらその高校にいる人でなければ入ることができません。

 

しかしユースであれば、その地域に住んでいれば誰でも入ることができます。ただし毎年セレクションと呼ばれる試験があるため、そこに合格する必要があります。かなり狭き門なので、サッカーの実力がないと入団できません。

 

またユースに入れば、必ずプロになれるわけではありません。ただしJリーグチームの直属になり、プロ選手を育成するためにユースは存在しています。そのため実力があればすぐに注目され、プロにはなりやすいと言えます。高校にいても、その高校が全国で活躍しなければ、名前が有名になることはほとんどありません。そのため目には止まりにくいと言えます。

 

ちなみに下部組織というと、中学生や高校生などのチームを作り、選手を育成して将来はトップチームで活躍させたいと考えています。しかし下部組織でも、学生年代だけでなく、トップチームの下にセカンドチームを置くこともあります。

 

FC岐阜にはトップチームの下にセカンドチームがあります。高校を卒業してプロになった選手は、簡単には試合に出られません。よほど超高校級と言われる選手でなければ、ベンチ入りすらもできないでしょう。

 

そういう若い選手が試合に出場できないと、将来のキャリアに影響してきます。そういった若い選手にも、試合経験を積ませるためにセカンドチームは存在します。そこで2年から3年ほど経験を積み、実力がついたところでトップチームに呼ばれることになります。

 

 

ユースは完全な実力主義
学校のサッカー部は上下関係に厳しくて、ユースは完全な実力主義なのが特徴です。ユースの場合は、実力があればその年代を越えて上のカテゴリーに行けます。これを飛び級と言います。

 

バルセロナの下部組織にいた久保建英くんは、日本に帰ってきてFC東京の下部組織に入りました。14歳だったため、FC東京の中学生年代のチームであるU15に加入しました。しかしあまりにもレベルが違いすぎたため、中学生ながら高校生年代のU18に飛び級で昇格しました。

 

元バルセロナの選手だけあって、実力が本物であることを証明しました。さらに中学生ながらJ3の試合にも出場して、Jリーグ史上最年少記録を塗り替えた実績を持ちます。このようにユースは完全な実力主義のため、上手い選手は年齢関係なくどんどん上にいくことができます。

 

ユースは実力主義のため、反対に実力がなければ昇格ができないこともあります。ジュニアユースに所属しながら、中学卒業と同時にユースへ昇格できなかった選手もいます。

 

中村俊輔選手は、中学生の頃、横浜Fマリノスのジュニアユースに所属していたのですが、チームのコーチに認められず、ユースに昇格できませんでした。その後、神奈川県の桐光学園に進学して、サッカー部に入りました。高校サッカーの全国大会に出場して、準優勝の結果を出して、横浜マリノスでプロ選手になった経歴があります。

 

また本田圭佑選手は、ガンバ大阪のジュニアユースにいたのですが、同じくユースに昇格できず、石川県の星稜高校に進学しました。本田選手も高校サッカーの全国大会でベスト4までいき、名古屋グランパスでプロ選手になりました。

 

どちらの選手も今では日本を代表する選手へと成長していますが、プロ入り前はこのような不遇の時代があったのです。ユースにはサッカーのプロたちが集まっていますが、選手を見る目は、必ずしも正しいとは限らないと言えるようです。

 

Sponsored Link