アジアでは強いが世界では弱い日本
Sponsored Link

アジアでは強いが世界では弱い日本

 

日本代表はアジアではとても強く、アジアの国ではトップクラスと言っても過言ではありません。もちろん最大のライバルである韓国をはじめ、オーストラリア、サウジアラビア、イランなど強い国は多いです。

 

アジアサッカー連盟には、47ヶ国が加盟していることを考えるとすごいことです。アジアの出場枠が4.5しかない中で、ワールドカップは5大会連続で出場しています。1998年のフランス大会で初めて出場して以降は、一切途切れていません。それ以前には一度も出場していないことを考えると、日本サッカーは大きな進歩を遂げたと言えます。

 

また日本はワールドカップだけではなく、アジアの国が参加する大会のアジアカップでも優勝しています。アジアカップも4年に一度開催されますが、ここ最近だと2011年、2004年、2000年と3回も優勝しています。その実績がアジアでは強いということを物語っています。

 

しかしだからと言って、テングになってはいけません。なぜなら世界から見れば、日本は単なる中堅国の一つに過ぎないと思われているからです。マスコミはいつも、日本は強い、日本人選手はヨーロッパで活躍しているかよように報道しますが、実際は日本の実力は大したことがありません。

 

国際サッカー連盟のFIFAは、定期的に国の強さをランキングで発表しています。これをFIFAランキングと言いますが、過去4年間の試合の結果をポイント化して、獲得ポイントの多い順にランキングしています。

 

そのFIFAランキングで見ると、日本は世界でも決して上位にはいません。毎回若干の変動はありますが、日本は40位後半から50位くらいにいます。もちろん世界でもトップレベルに位置するブラジル、ドイツ、アルゼンチンなどの国は常に上位にいますが、そう考えると日本の実力はたいしたことがありません。

 

ちなみにFIFAランキングをアジアだけで見ると、イランや韓国の方が上にいるものの、日本はおおむねトップ5にはいます。イラン、韓国の下には、日本、オーストラリア、サウジアラビアなどがいます。

 

このようにアジアでは上位にいるものの、ワールドカップは32ヶ国しか出場できないため、FIFAランキングが40位ということは、本来なら出場できないレベルなのです。つまり日本はアジアにいるから、ワールドカップに出場できているだけだと考えなければなりません。

 

ただしFIFAランキングは、あくまでも過去の実績を元にポイント制にしたものなので、今後の日本代表の活躍次第では、ランキング上位に入ることができます。

 

2006年よりも以前は、過去8年間が対象になっていたため、アジアカップを2000年、2004年と連覇した日本は、20位あたりまで上がったことがありました。この頃はFIFAランキングが正確な実力を反映していないと批判もありました。

 

しかし2006年からポイントの算出方法が変わり、現在の過去4年間になってからは、かなり正確になっています。ベルギー、チリ、コロンビアなど最近強くなった国も、しっかりベスト10に入ってきます。そのため日本も現在の順位を受け止めて、より強くなっていかなければなりません。

 

 

ヨーロッパや南米との差
アジアは他の大陸に比べて、サッカーのレベルが低いです。FIFAランキングで見ても、上位を占めているのは、ヨーロッパと南米になります。アフリカや北中米カリブ海は、アジアよりは上位にいるものの、ランキングで見ると、20位以下に多いです。そのためヨーロッパと南米がぶっちぎって強いと言えます。

 

アジアとの差を考えてみると、間違いなく個の力が違います。本田圭佑選手も発言していますが、個人のレベルの差があまりにも大きいため、日本代表として戦う組織力を超えています。どれだけ組織力で勝とうと思っても、それ以上に個の力が違うため、ヨーロッパと南米の差が縮まりません。

 

個の力が生まれる要因は、ヨーロッパや南米は自国のリーグ戦が強いことがあります。日本だとJリーグがありますが、レベルが違い過ぎます。国際サッカー歴史統計連盟が2016年に発表した、サッカーリーグ世界ランキングによると、Jリーグは世界で33位です。

 

トップ10にはスペイン、ドイツ、アルゼンチン、ブラジルなどのサッカー強豪国が名を連ねています。自国のリーグ戦が強ければ、それだけより能力が高い選手を多く輩出できます。そしてどんどん代表チームが強くなっていくのです。

 

スペインのリーガエスパニョーラは1929年、ドイツのブンデスリーガでも1963年に創立しているため、1993年に創立した日本のプロリーグであるJリーグとは歴史が違います。そのためすぐに距離を縮めることは難しいですが、着実にJリーグのレベルが上がることで、日本代表も強くなっていくことは間違いないと言えます。

Sponsored Link