日本代表は特別な存在
Sponsored Link

日本代表は特別な存在

 

サッカー選手であれば、誰しもが日本代表に入りたいと思っています。選ばれた選手のみがプレーできる特別な場所だからです。全てのサッカー選手の憧れであり、目指すべき場所であるとも言えます。

 

日本だとJリーグよりも、圧倒的に日本代表の方が人気が高いです。サッカーを見る人はもちろん、あまり見ない人にとっても有名選手ばかりが出場しているため、人気が高いのもわかります。しかも日本代表の試合は必ずテレビで放送されるため、日本代表戦しか見ない人も中にはいます。


またテレビや雑誌などで取り上げられるサッカー選手は、ほとんどが日本代表選手になります。そのため日本代表に選ばれるだけで、知名度が一気に全国レベルになってきます。最近だとサッカー選手を引退して、解説者になる人もいますが、ほぼ全てが元日本代表です。

 

元日本代表の方が、選手時代の知名度があるため、マスコミも起用しやすいのです。紹介されるときも不思議と、Jリーグの所属していたチームよりも、元日本代表と言われることが多いです。それだけ影響力がある存在だと言えます。

 

日本代表は、日本サッカー協会が編成している特別チームになります。フル代表、A代表、ナショナルチームなどとも言われますが、これは全てテレビなどでよく見る日本代表のことを指しています。

 

日本代表チームにも監督がいて、試合があるたびに好きな選手を招集しています。この日本代表というのは、全てはワールドカップに出場して、結果を出すために存在していると言っても過言ではありません。ワールドカップで結果を残すことが、日本サッカーにとっても、大きな発展を遂げることができます。

 

 

日本代表に選ばれることは狭き門
テレビでサッカー選手が出ていると、たいていは日本代表選手です。あまりにも多いため簡単に入れそうだと錯覚を起こしてしまいそうですが、もちろんそんなことはありません。日本のサッカー人口約90万人のトップにいる人達です。

 

試合があるたびに日本代表に招集される選手は、25名程度です。ちなみにワールドカップに選出されるのは23名になります。日本にいる全サッカー選手から選出されると考えると、日本代表はかなりの狭き門だとわかります。

 

でも日本代表と言われる選手を数えてみると、間違いなく25名以上はいます。これは毎回選ばれない日本代表もいるからです。日本代表は、ある程度招集される選手が固定しています。しかし中には時々呼ばれる選手もいれば、初めて日本代表に選出される選手もいます。

 

日本代表には80人名ほどの予備登録メンバーがいて、その中から25名を選出しています。つまり予備登録に入っていれば、日本代表に呼ばれる可能性があるわけです。そうすると一度でも招集されれば、その選手は日本代表になるため、必然的に日本代表の肩書きのある選手は多くなっています。

 

また新監督が就任した当初は、選手のことを知るために、多くの選手を招集する傾向があります。1年も経てばメンバーはある程度固定してくるのですが、入れ替わりが多いとそれだけ日本代表の選手が多くなります。

 

つまりサッカー選手にとっては、まずは日本代表に選出されて、さらに日本代表に選ばれ続けることが難しいと言えます。またJリーグの選手だと、日本代表に招集されることはさらに難しいです。招集される選手のうち半分以上は、海外でプレーしている選手のため、残り少ない枠にJリーグの選手が入らなければなりません。やはり日本代表は、狭き門だと言えます。

Sponsored Link