Jリーグ

最新版|Jリーグ・ルヴァンカップ・天皇杯・ACLの視聴方法

Jリーグを知りだすと、実際に観戦したくなります。

スタジアムが近ければ直接観戦することができますが、必ずしもそうだとは言えません。

そこでJリーグをテレビやスマホなどを使って、自宅や外で観戦するのがオススメです!

  • Jリーグ
  • ルヴァンカップ
  • 天皇杯
  • AFCチャンピオンズリーグ

今回はこれらの視聴方法について見ていきましょう。

パンダモくん
パンダモくん
家でジュース飲みながらのんびりとJリーグを観るのも悪くないよ〜

なおヨーロッパサッカーの視聴方法については以下の記事をご覧ください。

2020年版|ヨーロッパサッカーを日本で観る方法ヨーロッパサッカーは日本でも人気です! しかし日本で開催されているJリーグと違って、現地で生で観戦することは容易ではありません。 ...
スポンサーリンク

Jリーグの視聴方法

それではまずJリーグの視聴方法です。

かつてはスカパーが放送していたJリーグでしたが、2017年からはDAZN(ダゾーン)が国内独占配信を行っています。

DAZNを確認する

10年で2100億円という大型契約が話題となり、それ以降は毎年J1、J2、J3の全試合をライブ配信しています。

そのためJリーグを視聴したいのであればDAZN一択です。

以下はDAZNの主な特徴です。

視聴コンテンツ J1、J2、J3を全試合ライブ配信
視聴料金 月額1,925円 (DOCOMOユーザーは1,078円)
視聴方法 スマホ、タブレット、PC、テレビ、ゲーム機
メリット Jリーグが全て視聴できる
海外サッカーコンテンツも充実
デメリット 録画機能がない
テレビでの視聴には別で機器がいる

DAZNの大きなメリットとして、Jリーグ独占配信だけでなく、海外サッカーのコンテンツも充実しています。

DAZNに加入するだけで、以下の海外サッカーも視聴することができます。(★はDAZN独占配信)

  • UEFAチャンピオンズリーグ★
  • UEFAヨーロッパリーグ★
  • プレミアリーグ(イングランド)★
  • ラ・リーガ(スペイン)
  • セリエA(イタリア)
  • リーグアン(フランス)★

またDAZNは同じ料金で、サッカー以外のコンテンツも視聴することができます。

  • プロ野球(一部試合を除く)
  • Bリーグ
  • F1

そのためスポーツ観戦が好きな方は、DAZNでの視聴がオススメです。

しかしDAZNにもデメリットがあり、視聴方法は基本的にスマホかタブレットです。

さらに試合を録画して保存することもできません。(見逃し配信はあり)

もしテレビの大画面で視聴したい場合には、以下の機器のどれかが別で必要になってきます。

  • スマートテレビ(ソニー、パナソニック、東芝、LG)
  • Amazon Fire TV
  • Fire TV Stick
  • Apple TV
  • Air Stick 4K
  • Chromecast
  • PlayStation 4
  • XBox One

これらの機器があればテレビでも問題なく観ることができます。

パンダモくん
パンダモくん
Jリーグと海外サッカーがセットで1,925円は安い!ボクもいつもお世話になってます!
スポンサーリンク

ルヴァンカップ・天皇杯の視聴方法

Jリーグのチームが出場する大会はそれ以外にも、ルヴァンカップや天皇杯があります。

2020年はルヴァンカップがスカパーのサッカーセットで視聴することができます。(フジテレビNEXTでも放送)

また天皇杯は2019年まではスカパーで視聴できましたが、2020年の放送はまだ未定となっています。

スカパーを確認する

以下はスカパーの主な特徴です。

視聴料金 月額3,035円(基本料金が別途429円)
視聴方法 テレビ、スマホ、タブレット、PC
メリット 国内サッカー番組が充実
テレビでの視聴に最適
デメリット 料金が割高な設定

現在ではDAZNが配信しているJリーグやUEFAチャンピオンズリーグなどは、スカパーが放送していました。

その名残もあって、スカパーは現在でも試合以外のサッカーコンテンツに力を入れています。

例えば以下は、スカパーサッカーセットで視聴できる番組コンテンツです。

またスカパーサッカーセットでは、国内サッカーだけでなく海外サッカーの視聴もできます。

スカパーではドイツのブンデスリーガをはじめ、様々な各国リーグを放送しています。

以下はスカパーで放送している海外サッカーです。(★はスカパー独占放送)

  • ブンデスリーガ(ドイツ)★
  • プリメイラ・リーガ(ポルトガル)★
  • ベルギーリーグ★
  • セリエA(イタリア)
  • FAカップ(イングランド)★

スカパーのデメリットとしては、DAZNと比べると料金が割高なところです。

それでもサッカーのオリジナルコンテンツが充実しているので、サッカーファンならスカパーも視聴したいところです。

パンダモくん
パンダモくん
スカパーのサッカーコンテンツは深い!ちなみにボクは特にJのミライがすき〜
スポンサーリンク

AFCチャンピオンズリーグの視聴方法

前年に好成績を収めたチームだけが出場できる大会が、AFCチャンピオンズリーグです。

Jリーグだけでなく、韓国、中国、オーストラリア、カタール、サウジアラビアなどのクラブが出場し、アジアNo.1を決める大会です。

ちなみに2020年シーズンは、Jリーグから以下のチームが参加します。

  • 横浜F・マリノス
  • ヴィッセル神戸
  • FC東京(プレーオフから参加)
  • 鹿島アントラーズ(プレーオフから参加)

このAFCチャンピオンズリーグの放映権は、現在日本テレビが保有しています。

そのため視聴できるのは、日テレの有料放送である日テレジータスです。

日テレジータスを確認する

以下は日テレジータスの主な特徴です。

視聴料金 月額990円
視聴方法 テレビ、スマホ、タブレット、PC
メリット AFCチャンピオンズリーグは独占配信
デメリット スカパーサッカーセットと別料金になる

日テレジータスと言えば、野球の読売ジャイアンツ関連のコンテンツが充実していることで有名です。

AFCチャンピオンズリーグに関しては、独占放送になっているため、もし視聴するのであれば契約する必要があります。

日テレジータスはスカパー経由でも契約することができます。

ただし、スカパーのサッカーセットとは別料金が必要になるので注意が必要です。

もしスカパーサッカーセットと日テレジータスを一緒に加入すると、以下の料金がかかります。

基本料429円+スカパーサッカーセット3,035円+日テレジータス990円=月額4,454円

パンダモくん
パンダモくん
最近AFCチャンピオンズリーグに出場するJリーグ勢が調子いいから期待しちゃうね!