Jリーグ

そもそもJリーグって何?|日本サッカーのピラミッド構造

日本でサッカーの試合を観るというと、まず思い浮かぶのがJリーグです。

日本におけるプロサッカーリーグであるJリーグは、設立から25年以上が経って現在では誰もが知る存在となりました。

しかしまだJリーグに馴染みがない方も多いのもまた事実です。

そこで今回は、Jリーグを知らない方のためにどのようなものなのかをざっくり説明したいと思います。

パンダモくん
パンダモくん
Jリーグのチームはどんどん増えているんだ!今ではより身近な存在になっているね!
スポンサーリンク

そもそもJリーグって何?

Jリーグは、日本サッカー協会と日本プロサッカーリーグが主催する日本で唯一のプロサッカーリーグです。

以下はJリーグの簡単な概要です。

開始年 1993年
カテゴリー 3部制
参加チーム数 59(J1、J2、J3含む)
平均観客動員数(J1) 約20,000人
視聴方法 DAZN独占

Jリーグが開始されたのは1993年ですが、もともと日本ではアマチュアの日本サッカーリーグ(JSL)が行われていました。

ところが当時の日本サッカーは、今では考えられないような状況でした。

  • サッカーの人気も知名度も低い
  • サッカーがメディアで取り上げられることが少ない
  • ワールドカップには出場したことがない
  • 日本代表は韓国代表よりも圧倒的に弱い

1968年のメキシコ五輪で日本代表が銅メダル獲得もありましたが、それ以降は低迷が続いていました。

「このままでは日本サッカーは良くならない!強くするためにはプロリーグを作らなくてはいけない!」

そこで当時のアマチュアだった日本サッカーリーグはなくなり、1993年から新しく始まったのが日本初のプロリーグであるJリーグです!

Jリーグ開始時はわずか10チーム

現在のJリーグには、日本全国各地を拠点としたクラブが数多くあります。

Jリーグ全てを合わせると、加盟しているのは56クラブもあります!(2020年時点、U23を除く)

ところがJリーグの発足当時はわずか10チームでした。

Jリーグスタート時は以下の10チームでした。(名前は当時のもの)

  • 鹿島アントラーズ
  • ジェフユナイテッド市原
  • 浦和レッドダイヤモンズ
  • ヴェルディ川崎
  • 横浜マリノス
  • 横浜フリューゲルス
  • 清水エスパルス
  • 名古屋グランパスエイト
  • ガンバ大阪
  • サンフレッチェ広島

ちなみにこの中では、1998年に横浜フリューゲルスが横浜マリノスに吸収合併されて消滅してしまいました。

しかしそれ以外のクラブは、名前が変わったチームもありますが現在まで存続しています。

パンダモくん
パンダモくん
これらをオリジナル10と言うんだ!ちなみに鹿島と横浜MだけはまだJ2に落ちていないからすごい!
スポンサーリンク

現在では3部制になったJリーグ

わずか10チームでスタートしたJリーグですが、その後は徐々にチーム数が増えていきました。

以下はJリーグが開幕して以降に加盟したクラブです。

1994年 ベルマーレ平塚、ジュビロ磐田
1995年 柏レイソル、セレッソ大阪
1996年 アビスパ福岡、京都パープルサンガ
1997年 ヴィッセル神戸
1998年 コンサドーレ札幌

このようにJリーグは毎年チーム数を増やしていきました。

ところが1998年にJリーグは18チームになって、もうこれ以上チーム数を増やすことができなくなってしまいました。

「もうこれ以上チーム数を増やせないけどどうする?でもまだ加盟を希望するチームは多いし・・・」

そこで1999年から新たにJリーグが2部制としてスタートしました。

つまりJ2リーグの誕生です!

J2発足当時は以下の10チームでスタートしました。

  • コンサドーレ札幌(J1より降格)
  • ベガルタ仙台
  • モンテディオ山形
  • 大宮アルディージャ
  • FC東京
  • 川崎フロンターレ
  • ヴァンフォーレ甲府
  • アルビレックス新潟
  • サガン鳥栖
  • 大分トリニータ
パンダモくん
パンダモくん
今ではJ1で活躍しているFC東京や川崎フロンターレもJ2スタートだったんだね!

加盟チームが増えてさらにJ3も発足

J2が発足したのは良かったものの、その後もJリーグへの加盟を希望するアマチュアクラブはどんどん増え続けていました。

そのためJ2もまた毎年チーム数を増やし続けてきました。

以下はJ2が始まって以降に加盟したクラブです。

2000年 水戸ホーリーホック
2001年 横浜FC
2006年 愛媛FC
2008年 ロアッソ熊本、FC岐阜
2009年 栃木SC、カターレ富山、ファジアーノ岡山
2010年 ギラヴァンツ北九州
2011年 ガイナーレ鳥取
2012年 FC町田ゼルビア、松本山雅FC

2012年の段階で、なんとJ1よりも多い22チームになってしまいました!

「いやもうホントこれ以上は増やせない!でもまだアマチュアには加盟希望チームがあるし・・・」

このような状況になってついに2014年には、Jリーグの3部となるJ3がスタートすることになりました!

J3には加盟を希望していたクラブに加えて、FC東京、ガンバ大阪、セレッソ大阪の下部組織となるU-23チームも含まれています。

そして現在では、J1、J2、J3合わせて59チームにまで拡大しています。

パンダモくん
パンダモくん
ちなみに現在Jリーグのチームがあるのは39都道府県!地方のクラブもいっぱいあるよ!
スポンサーリンク

Jリーグは日本のサッカーにおける頂点

これまでJリーグ開幕から、J2を経て、J3発足までの流れを簡単に説明してきました。

ここである疑問が出てくるかもしれません。

Jリーグに加盟を希望するクラブって一体どこから出てくるの?

当初は10チームで始まったJリーグでしたが、今では59チームにまで拡大しています。

それだけたくさんのクラブがどこから出てきたのかって話です。

サッカーファン以外にはあまり知られていませんが、実は日本のサッカーリーグはピラミッド構造になっています。

Jリーグは説明したように、現在では3部制になっています。

ところがJ3の下には、アマチュアリーグである日本フットボールリーグ(JFL)が存在しています。

このJFLに所属していて、Jリーグに加盟を希望するクラブが条件を満たすことで、Jリーグへの加盟が認められることになっています。

パンダモくん
パンダモくん
J3とJFLは実力が拮抗しているんだ!JFLはアマチュア最高レベルだからね!

アマチュアサッカーもピラミッド構造

Jリーグは3つのピラミッド構造になっていますが、実はアマチュアもピラミッド構造になっています。

JFLの下には、さらに地域リーグ、都道府県リーグと存在しています。

そしてJリーグと同じように、それぞれのアマチュアリーグでも昇格や降格があります。

つまり最も下のカテゴリーにある都道府県リーグでも、実力次第ではJ1まで上りつめることが可能だということです。

ちなみに元日本代表監督だった岡田武史氏がオーナーを務めるクラブで、FC今治があります。

このFC今治は岡田氏がオーナーになった2014年時点では地域リーグ(四国エリア)でした。

ところが2017年にJFLへと昇格し、2020年からは念願だったJ3への昇格を果たしています。

今後はJ3からJ2へ、さらにはJ1へと昇格していくことも夢ではありません!

パンダモくん
パンダモくん
FC今治の快進撃はメディアからも注目されているんだ!アマチュアクラブの見本だね!