世界最優秀選手に贈られるバロンドール
Sponsored Link

世界最優秀選手に贈られるバロンドール

 

毎年世界一のサッカー選手を投票で決める賞があります。それがバロンドールです。サッカー選手にとってはとても名誉ある賞になります。日本人で受賞したことはまだありません(女子では2011年に澤穂希が受賞している)。

 

バロンドールは歴史が古く、1956年から行われています。もともとはサッカー専門誌のフランスフットボールが創設したものです。昔はヨーロッパの中で一番の選手を決める賞がバロンドールでした。特徴としてはサッカー記者の投票で決まります。そして多くの票を集めた1位から3位までを表彰します。

 

このバロンドールですが、攻撃的な選手が選ばれることが多いです。ゴールを決めるフォワードや、華麗なテクニックを駆使してパスを出すミッドフィルダーから選ばれることがほとんどです。

 

過去60年以上の長い歴史の中で、ディフェンダーの受賞は3人、ゴールキーパーの受賞はたった1人だけです。この結果から見ても、選出がサッカー記者の投票になるため、華のある攻撃的な選手が選ばれやすいと言えます。

 

一方でFIFAも、FIFA最優秀選手賞を創設しました。バロンドールに負けじと1991年にできた賞で、FIFAに加盟している代表チームの監督とキャプテンの投票で決めていました。しかし世界最優秀選手を決める賞は一つで十分だということで、2010年にFIFAとフランスフットボールが提携して、FIFAバロンドールになりました。

 

しかし2016年に提携を解消したため、元のバロンドールとなり、FIFAはザベストFIFAフットボールアウォーズになりました。これにより最近では、別々に最優秀選手を表彰しています。

 

 

バロンドールに関しては、歴史が古いため、過去の有名なスーパースターも受賞しています。クライフ、ベッケンバウアー、プラティニ、ロベルトバッジョ、ジダン、ロナウドなど、その時代のトップ選手が受賞しています。

 

その顔ぶれを見ても、今でも語り継がれるレジェンドの名前が並びます。毎年一人しか表彰されないため、スーパースターが並ぶのも当然と言えます。日本人選手が受賞するのは、まだまだ先になりそうです。

 

バロンドールの受賞者は最近だと、2008年から2016年までは、バルセロナのメッシと、レアルマドリードのクリスティアーノ・ロナウドだけです。メッシは、2009年から2012年までバロンドール史上初の4連覇を達成しています。

 

メッシとクリスティアーノ・ロナウドは、所属クラブでも、代表チームでも活躍していて、どちらが世界一の選手なのかという議論がいたるところで行われていますが、どちらにしても、この2人がいかに飛び抜けた存在かがわかります。

Sponsored Link